リスク(不確実性) - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスク(不確実性)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はエスカレーターの日です。
最近は階段を歩くことのほうが多いです。

投資についてお話をしています。
キャッシュ・フローの考え方や借入金活用について事例を基に考察を進めています。

投資全般の特徴としてもう一つ、必ず考えなければならないことがあります。
それはリスク、不確実性のことです。

**事例**
100のお金を支払えば150になって返ってくる。
支払は15ずつ、10年間で支払われる。

…が、支払ってみたものの、4年めに相手が潰れてしまった。
収入が45、支出が100で55の赤字。


ということはありえるよね、というお話です。
未来は予知できない、従って投資が損を生むこともあり得る。
絶対確実な投資、というものはそもそも投資という言葉として矛盾しているのですね。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

手元資金の確保 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/07 07:00)

年金 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/08 07:00)

キャッシュ・フローの事例 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/06 07:00)

上乗せ年金について 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/12 07:00)

保険について 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/28 07:00)