日経記事;『働きかたNext常識を疑え(3)地方では即1軍 豊かさ・充実感…若者移る』に関する考察 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『働きかたNext常識を疑え(3)地方では即1軍 豊かさ・充実感…若者移る』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、

こんにちは。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

3月1日付の日経新聞に、『働きかたNext常識を疑え(3)地方では即1軍 豊かさ・充実感…若者移る』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『東京から飛行機と列車で6時間。人口が10年で2割減った過疎の町、島根県川本町で伸びる企業がある。医療や法律など専門書の古本をネット販売するエコカレッジだ。

町内唯一の書店だった建物に倉庫兼本社を構える。周囲にあるのは飲食店と美容室くらい。人通りもまばらだが、社長の尾野寛明(32)は「しっかりと仕事をしながら生活も楽しめる」と話す。

尾野は一橋大学在学中に東京で起業した。売れるまでに時間がかかる専門書は保管場所が悩み。島根に縁はないが、「東京の100分の1」の家賃と環境に引かれて移転した。

倉庫面積は今や東京時代の80倍。在庫を10倍の15万冊にしたことで注文が増え、売上高は8年間で6倍に増えた。「若者は都会の大企業では3軍かもしれないが、地方では即1軍」と説く。

仕事を探すなら東京などの大都市。そんな常識と逆行し、地方に移る人がじわり増えている。NPO法人、ふるさと回帰支援センターの昨年のセミナー参加者数は約1万人と3年前の5倍になった。

「定年後に田舎でのんびり」は昔の話。利用者の過半が20~40代の働き盛りだ。仕事と生活の両立だけではない。ネットの普及が都会と変わらない働きを後押しする。

東京から1時間半。創業16年目のソフト開発、エリジオン(浜松市)は米ボーイングや独BMWなど世界の大手を顧客に抱える。会長の小寺敏正(61)は「都落ちではなく、地方にいながらグローバルで戦う」と語る。

同社はCAD(コンピューターによる設計)データの変換ソフトで世界のトップを走る。正社員68人の半数が東京大学出身。平均年齢は約36歳と若いが、平均年収は1200万円を超える。

入社5年目の多田康政(27)も東大卒のエンジニア。「付加価値が高い仕事をやりたかった。浜松に来ることに抵抗感はなかった」と振り返る。

豊かさ、やりがい。目指すものはそれぞれでも地方を選ぶ働き手が点から面に広がれば、地域を変える原動力になる。

大雪山の麓の北海道東川町。稲作と木工が主産業の田舎町に札幌や東京から客が訪れる店がある。洋服店「SALT(ソルト)」。アウトドア関連など品ぞろえは東京の中目黒や代官山の店に劣らない。札幌から地元に戻り起業した米山勝範(39)は「自然に近い環境でライフスタイルを提案したかった」と話す。

米山の働き方が発信源となり、東川町に移り住み雑貨店やカフェを開く動きが続く。地方としゃれた店の組み合わせが話題となり周辺は今や観光名所。昨秋には町の人口が42年ぶりに8千人を超えた。東京から移住し、2013年に町内でホテル「ニセウコロコロ」の運営を始めた正垣智弘(34)は「仕事は忙しいけど家族と過ごす時間を増やせた」と満足げだ。

「東京に魅力を感じなくなった若者が仕事のやりがいと豊かな生活を求めて地方に移っている」。明治大学教授の小田切徳美(55)は分析する。ゆとり、充実感。人生に何を求めるか。発想を変えれば地方は新たな働き方に踏み出す格好の舞台となる。』


私は、経営コンサルタントとして、ITベンダーや製造事業者の新規事業立上や海外販路開拓を支援しています。

その支援先の中に、開発拠点を東京・横浜から地方に移した複数のITベンダーがあります。会社により、開発拠点を地方に移した理由や背景はさまざまです。

理由や背景の例は、以下の通りです。

・営業担当がいない受託業務中心でビジネスしており、東京に拠点を置いておく必要がない。
・開発の核となるエンジニアは、現時点では東京でしか確保できないが、社員の総意として地方への移転を希望した。地方への移転理由は、
◆自然豊かな環境で開発に集中しやすい
◆すぐ近くに自然がありアウトドアスポーツやウオーキングなどを楽しめる
◆出勤時のラッシュアワーを嫌う
◆地方の方が商品価格や家賃が安く、より良い生活を可能にする
◆子育てがしやすい(近くに保育園や幼稚園がある)
◆職住近接で出勤が容易である(出勤時間が短くなる)
◆インターネットにより、東京と変わらない情報収集・発信が可能になり、東京にいる必要性が低い、など

また、移転先の候補には、ITエンジニアを募集しやすいところが含まれる場合があります。ある社長によると、現時点では地方大学の卒業生から、なかなか希望する能力や資質をもつエンジニアを確保することが難しいと言っています。

当面は、東京を含む首都圏でエンジニアを確保しながら、地方の開発拠点で勤務してもらうやり方を取るとしています。

同時に、近隣地域の大学と会話をしながら情報学科の学生に対してインターンシップ制度の機会を提供して、双方問題ない場合、卒業後に入社してもらうやり方を増やして、地方での人材確保を増やしています。

同じITベンダーでも、営業担当を置いてビジネスする企業は、まったく地方移転しなかったり、開発拠点の一部をサテライトオフィスとして移すことがあるようです。

もっとも、あるITベンダーは社員総意ですべての拠点を地方に移して、営業担当者は必要に応じて東京や大阪に出張して営業するところもあります。

東京に拠点があるITベンダーが数多く開発拠点などのサテライトオフィスを設置している場所として、最近、徳島県神山町がマスコミに取り上げられています。

ここでは、神山町の地域づくりを手掛けるNPO法人のグリーバレーが行政と一体になって、都会からITベンダーに開発拠点の一部機能を移すサテライトオフィス開設を支援しています。移転を計画しているITベンダーには、大きな支援者となっているようです。

また、徳山県は、この過疎の町を含めた県内全域に2000年代からファイバー網を整備しました。さらに、データセンター(クラウドサービス)の設置数が増えて、自社でサーバーをもつ必要性が薄れたことも、ITベンダーの神山町移転を後押ししています。

このように、データセンターを使い、かつインターネットあるいはイントラネット環境があれば、いつでもどこでもビジネスができることになります。

これが、ITベンダーが開発拠点、もしくはその一部機能を地方に移すことができる環境(社会インフラ)となっています。

日本は、光ファイバー網やケーブル網などの設置により、ほぼ国内全域でブロードバンド環境を使えることと、データセンターの拡充で、国内どこでもITを活用したビジネス展開できることにあります。


一方、受託業務でビジネスをしているITベンダーは、総じて高いソフトウエア開発力をもっています。つまり実力のあるエンジニアを確保できていることになります。

さらに、ソフトウエアエンジニアの転職率を下げる工夫も必要になります。一般的にIT業界は、エンジニアの離職率が高い傾向にあります。

米大手ITベンダーであるマイクロソフト、グーグル、アップルなどのように、広く快適なオフィス環境を提供することは難しいですが、国内ITベンダーも可能な限り良好なビジネス環境をエンジニアに提供することが、社員の定職率を高める要因の一つになります。

本日の記事にあります「エリジオン」は、3次元形状処理関連のソフトウエア開発を主力事業として行っているITベンダーで、書いてありますように、世界トップレベルの実力をもっています。

それを支えているのが優秀なエンジニアです。当該企業のエンジニアは、他の同業他社より比較的高い給与所得をもちながら、地方の浜松市に拠点をもって日本だけでなく世界市場を相手にビジネスしています。

エリジオンが成功しているポイントは、優秀なソフトウエアエンジニアを確保しながら、世界トップレベルのソフトウエア商品を開発・実用化していることです。

社員にとっても、高い給与所得で地方で暮らすと、東京に比べて質の高い生活をエンジョイできるメリットがあります。


なお、本日の記事は、ITベンダーがサテライトオフィスを含めて地方移転することについて書いていますが、もちろん、すべての企業がそのようにした方が良いと考えていません。

私の支援先の中には、差別化・差異化可能な技術やノウハウをもって国内外にソフトウエア商品を売ったり、受託の開発案件ビジネスをしている企業がありますが、地方移転にはまったく興味をもっていません。

東京でしか優秀なソフトウエアエンジニアを確保できないことと、集客や顧客との会話には直接会話するFace-to-faceのコミュニケーションが必須あでることによります。

あるスマートフォン向けアプリケーションソフトを開発・商品化しているITベンダーは、東京でないと事業継続ができないと明言しています。


また、別なITベンダーは、女性スタッフを確保するため、子育てしやすい地方に開発拠点を設けたりしています。

要は、各企業がインターネットとデータセンターなどのITインフラをどう活用して、社員の創造性を高めて、より良い仕事環境を作っていくか、社員の気持ちを確認しながら、柔軟に考え・実行することがポイントになります。

失敗したら、そのやり方を見直して、修正すればよいと割り切って事業しているITベンダーもいます。

ITをうまく活用して、コスト圧縮だけでなく付加価値をつけたビジネス展開できるかどうかになります。働き方や働く場所を含めて、事業収益を最大化するための柔軟な発想と実行力が重要になります。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム