外資系ファッションビジネスにおける語学力 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

竹間 克比佐
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外資系ファッションビジネスにおける語学力

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
適職支援 外資系ブランドビジネス
語学力と外資系ブランドビジネスの関係・・・・

語学力をTOEICの点数と考えて「語学力が有る無しを判断する資格」としている方が、候補者の中にいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにTOEICの点数は一つの目安になります。

しかし,TOEICは「継続こそ力なり」であって、過去の物で現在の職場で英語を使用していないとすれば、それは、企業との面談の時に、急に英語で自己紹介を・・・・とか流暢な日本人が急に英語でしゃべりかけた場合でのとっさの回答ができなければ、全ての面接が上手く行っても「×」がついてしまいます。
即ち、面談の時間が無駄になるケースが非常に多いように感じます。

日本人の立場で考えたならば、外国人で日本語が流暢な人は有難いが、そうでないと「意思の疎通」が取れないので仕事が遅れてしまいますよね。それと同じで欧米諸国にHead Officeがある会社で働く方々にとって、「日本人は英語ができない」と言うレッテルを貼られてしまっては大変です。

仕事のバランスが取れていても「英語が・・・・×」では給与を上げる事も、キャリアステップもできないのが「外資系ファッションブランド」ではないかと思う次第です。
どうしても、必要不可欠な内容だと思って下さい。しかし、始めから流暢を欲していないと思います。中学生の単語の羅列でも構わないと思います。コミュニケーションですから通じて・・・・尚且つ意思の疎通・・・・が大切です。TOEICは、二年の猶予期間があります。その二年を大切に有効に転職効果に使って下さい。

面接の時に、単語を日本語に置き換えてから英語の単語を見つけるのではなく、その単語を簡単な日本語に訳すと何になり?それを簡単は英語に換えるとこうなる!!良し・・・・の勢いで気負いのないように自分を表現して見ては如何ですか。

若し、英会話学校に通うならやはり「ベルリッツ」です。電車の中の液晶画面でもベルリッツは勉強できますよね。最近、何度も何度も読み返して英単語を忘れないようにしている本が一冊あります。
良かったら参考にしてみて下さい。

知的生きかた文庫 すごい「英単語手帳」 安河内 哲也著 三笠書房

普段のビジネスに効果的かも知れません。単語は、メールを打つ時もできる限り英語の単語に置き換えるなど、毎日の鍛練が必要ですよ。是非、語学力を付けてキャリアステップの手段にして下さい。
仕事力=''語学力''で自らの場所を掴んで下さい。