スポーツ心理学に学ぶ ‐ 強い心の作り方 - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

銀座泰明クリニック 院長
東京都
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スポーツ心理学に学ぶ ‐ 強い心の作り方

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
スポーツ心理学

北京オリンピックの北島康介選手、メジャーリーグのイチロー選手をはじめ、スポーツ界で活躍している一流選手を見ていると、その技術や体力もさることながら、精神的な強さに驚かされます。接戦や劣勢の追い込まれた極限状況においても、ひるむことなく、ベスト・パフォーマンスを発揮し、輝かしい成績を収めます。このような「強い心」はどのように身に付けられるのでしょうか。これから数回に分けて、「スポーツ心理学に学ぶ‐強い心の作り方」をご紹介いたします。

スポーツのパフォーマンス(成績)はの三位一体から成り立ちます(画像1、クリックすると拡大します)(図子、2000、改)。筋力や心肺機能などの体力、各競技特有の技術、そしてから成り立つ心理的スキルです。ここでは認知心理学の用語に従い、知は「認知」、情は「情動」、意は「意志」と表記します。

認知とは自己や他者を冷静に認識する能力にはじまり、戦術・戦略など試合における高度な知的作業も含みます。情動とは試合において不安や緊張を制御し、集中してベスト・パフォーマンスを発揮するための感情を指します。更に敗北や挫折から回復し、再び挑戦する心構えを得るための感情も含みます。意志とはその試合において戦い続けるための闘志や、長い競技人生において練習を続けるための忍耐力や精神的な持久力を意味します。

これらの心理的スキルは技術や体力と同等かそれ以上に求められることもあります。実力が伯仲した接戦はもちろん、競技レベルが高度になればなるほど、心理的スキルが勝敗を左右すると言われているのです(画像2、クリックすると拡大します)(霜、1992、改)。しがって、オリンピックやプロスポーツのようなハイレベルの試合においては、最後に「精神戦」の様相を呈するわけです。次回はこのような心理的スキルについて具体的に紹介してまいります。

銀座泰明クリニック

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
銀座泰明クリニック 院長

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「スポーツ心理学」のコラム

このコラムに類似したコラム

【聴心記「心の炎」】第6回 感情と思考(2) 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/04/03 00:59)

睡眠専門家のストレス対処法 32 「叱る」 と 「怒る」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/26 17:00)

睡眠専門家のストレス対処法 27 自分の中の当然を見直す 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/11 19:00)

【聴心記「心の炎」】第12回 感情と評価(3) 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/05/15 23:55)

【聴心記「心の炎」】第11回 感情と評価(2) 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/05/15 01:26)