脱・女扱いされない私 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱・女扱いされない私

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


「女性として扱われていないような感じがするんです」

 


もし、このような不安を感じていたら、あなた自身が彼のことを男性として扱ってきたかどうかをチェックしてみましょう。

 

といいますのも、男性は自分のことを

 

「男として気分よくさせてくれた女性」のことを女性として見るんです。

 

「男として気分よく」って一体どういうことなんでしょうね?

 

もともと男性は与えるのが好きなんです。

 

ですから、上手に与えられている自分に満足します。

 

上手に与えることが出来ているかどうかは、相手の感情表現に頼るところが大きいです。

 

喜んで受け取ってもらえれば、成功。

 

でも、相手のリアクションが薄かったり、受け取り拒否されたりしたら、男として失敗なんです。

 

そんなことから、自分がしてあげたことを嬉しく受け取ってくれない女性のことは、女性として扱ってくれません。

 

尽くしまくることで愛されようとする女性もまた、男性から与える喜びを奪う可能性が高いですから、頑張っている割に女性として見られないことが多いです。

 

 


また男性には女性を守ってあげたいという気もちもあります。

 

ヒーロー願望とでも言いましょうか・・・

 

それを満たしてくれる女性のことも女性として見ます。

 

「オレがいないとダメな人」

 

っていうのが男心をくすぐっちゃう訳です。

 

ですから、そんなふうに思わせてくれる女性のことは、女性として大事にします。

 

でも、「ご迷惑をおかけするわけには参りません」とばかりに、何でも自分で解決しようとしてしまう女性は、頑張っているのにも関わらず女性として見てもらえないことが多いです。

 

だって、男性にとっては自分の出番が削られてしまうわけですからね。

 

「オレがいなくても別に困らないでしょ」

 

という人のことをわざわざ女性扱いしたりしませんよね。

 


「男として気分よく」の意味、何となくおわかりいただけたでしょうか?

 

相手に気を遣うあまり、男性の「してあげたい」気もちを潰していないかどうか気をつけてみましょうね(^^♪

 

 


すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

パートナーシップの鍵となる「与える」「受け取る」 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/24 21:00)

モテる彼にヤキモキしちゃう 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/20 18:26)

夫が「妻から愛されている」と感じるポイント 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/12/28 19:12)

「耐える」と「与える」は一字違いでも大違い 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/12/16 20:00)

なぜか惹かれあう二人 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/07/22 23:57)