説明できる資料は必須 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

説明できる資料は必須

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日はエアメールの日です。
最近では電子を使って空気中を飛びまくってますねぇ…。

商売人と税理士の関係についてお話をしています。
青色申告と白色申告について、その違いを確認しています。

そもそも論からして、商売をするに当たり帳面が何もないというのはとても困ります。
帳面がないということは

・自分がいくら儲かっているのか確認ができない
・誰かに商売の状況を聞かれても応えることができない

という状況を意味します。
そして二番目にいう「誰かに商売の状況を聞かれる」という中には、いわゆる税務調査と呼ばれるものが含まれます。

白色申告をしているような人なら税務調査は入らない、という迷信が存在しているようです。
断言できますが、そんなことは絶対にありません。
白だろうが青だろうが調査は入ります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

どうせ帳面をつけるなら青色で 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/19 07:00)

実は白色でも帳面は必要 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/17 07:00)

青色申告と白色申告 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/16 07:00)

税理士事務所の作業量 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/09 07:00)

適当な申告をしてしまうと・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/01 07:00)