【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−5】 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家
東京都
建築家
03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−5】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
マスメディア・コラム

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−5】・・・通風・緑・雨水

風は気の向くままに吹いているわけではなく、「卓越風向」といって地域ごと季節ごとによく吹く風向の傾向があります。

その特性を知った上で窓を配置すれば、夏の卓越風は積極的に取り入れることで室内を涼しくし、冬の卓越風は防ぐことで室内の暖かさを失わないようにできます。

次は緑の働きです。緑は雨水を吸収し、周辺の気温変化を和らげてくれます。

土と緑の庭をつくり、そこを通る風を室内に導き入れると、より涼しく感じることができます。

窓先に落葉樹を植えると、夏には茂った葉が厳しい日差しを遮り、葉の落ちた冬にだけ日射熱を室内に入れることができます 。

また、屋上緑化は、水分の蒸発によって夏の日射熱を和らげるとともに、それ自体が断熱材となり無駄なエネルギーの浪費を防いでくれます。

また、雨水に意識を向けることも大切です。

雨水を土に浸透させると、身近な生活環境が潤うだけでなく、緑とともに都市のヒートアイランド現象をおさえてくれます。

また土はためた水を徐々に放流しますので、急激な雨水がそのまま下水に流れる込むことを防ぎ、ゲリラ豪雨に対して効果があります。こういう性能は社会的なエネルギー損失を大きく抑える効果があります。 (つづく)


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

家づくりを大切に考えることは、生き方を大切に考えることにつながるのではないでしょうか。一人ひとりの生き方、考え方に呼応してこそ、住む人の心を育む建築空間が生まれます。この世にひとつだけの家づくり。ぜひ、ご一緒できればと願っています。

03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マスメディア・コラム」のコラム

このコラムに類似したコラム

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−7】 西島 正樹 - 建築家(2015/02/24 15:31)

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−1】 西島 正樹 - 建築家(2015/02/05 17:35)

計画中のZEH住宅の模型が完成 栗原 守 - 建築家(2016/04/26 10:10)

NPO横浜市まちづくりセンターに参加 三竹 忍 - 建築家(2015/10/24 14:58)

東京ガスSOLAMOの集熱パネル 栗原 守 - 建築家(2015/04/17 17:54)