今週の英語発音のヒントは she と sea です。 - マンツーマン英会話 - 専門家プロファイル

大渕 ゆかり
英語ヘルプデスク

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今週の英語発音のヒントは she と sea です。

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. マンツーマン英会話

こんにちは

大渕ゆかりです。


今週の英語発音のヒントは she と sea です。

スペルで "sh" は日本語だと寿司の "し"

スペルで "s" は寿司の "す" です。

簡単なようですが、いい分けられていない日本人が多いですね。


それでは実際の口の動きを見てみましょう。

sh の発音も、sの発音も、上下の前歯の先端を突き合わせて噛みます。

そして、shは口角の辺りから息を出します。

     sは前歯の間から息が漏れるようにしましょう。

この時に注意していただきたいのは

上下の前歯の先端を突き合わせて噛み合わせる事です。

西洋人と違い、アジア人の刃のかみ合わせは、

「シザースバイト」と呼ばれ、ちょうど鋏のように

上の前歯が下の前歯にかぶさる噛み合わせです。

これでは shとsの音が混ざったような音になってしまいます。


また、もう一つ、sh と s の誤用が生じる原因に

外来語とローマ字表記の問題があります。

例えば、

”シルバー” はローマ字表記だと "shirubaー”

同様に

”シロップ” は shiroppu

”シングル” は shinguru

となりますが、

これらはどれも "s"の発音で

silver, syrup, single です。

あえてカタカナで書くなら、

スィルバー、スィロップ、スィングル、とすべきなのでしょうが、

日本語には ”s” に、母音の "i" が付いた音が存在しないので、

シ で代用して表記するしかなかったのでしょう。

こうした例はきりがありません。


最後に、sh と s を言い分ける練習文を載せます。

She sells sea shells at the sea shore.

どうぞ、練習して見てください。

これが言えれば、完璧です。




 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

クライアント様カルテのご紹介 ~Session in June~ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/24 12:26)

最も効果的なリスニングの向上法とは? 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/14 17:34)

あいまい母音 大渕 ゆかり - 英語ヘルプデスク(2015/02/09 22:51)

【Q&Aシリーズ 第7回】 英語発音 ザ ジングルズ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/19 15:41)

〜クライアント様のカルテ〜 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/13 11:14)