印象の謎【メラビアンの法則】 検証 2. - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

鴫原 弘子
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

印象の謎【メラビアンの法則】 検証 2.

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
■第一印象で得をする人、損をする人
☆前回のコラムでは、「似合う色」で、
どのように印象が変わったかを参加者の例から
ご紹介します。
とお話ししました。

続きです。

Aさん

※当日着用の服と色
 ・こげ茶のセーター&チェック柄スカート&ブーツ
 ・髪はゆるいカールのロング
 ・ナチュラルメーク
 ・肌は黄色みの淡ベージュ

参加者の皆さんが受けた第一印象は?
 ・おとなしそう・地味
 ・優しそう・穏やか・真面目


みんなの前に立って、
色布での検証スタート!

まずは、肌診断!
オレンジ味・ブルー味の2枚ピンクの布を、交互にあて、顔色の変化を見ます。

●ブルー味布の場合
 『つかれてるように見えます。』
 『肌がくすんで、老けちゃう?』

●オレンジ味の場合
 『あっ!若くなった?』
 『肌が明るくなり、口紅が鮮やかになってる!?』
 『柔かくて女らしい印象!?』


皆さん、目の前のAさんの
あまりの印象の違いにビックリ!

同じ方法で、全員が自分の肌色確認。

意見が飛び交い、参加者全員で和気あいあい♪

帰りに化粧品売り場へ直行です。

参加者は30代を中心とした、
再就職を目指す女性達。

キャリアアップを目指しての面接には
好印象でのぞみたいもの。

装う色・メイク色で、一瞬にして
若わかしい印象になるのなら、
試してみたくなるのは当然です。

自分の印象は、意外と自分では解らないもの。
他人の視点を借りて、自分の印象を客観視することも
ビジネス上の好印象作りには欠かせません。

【ボロは着てても心は錦〜】と
歌われた時代がありましたが

21世紀の今は
【見ため目のよさは知性と教養の高さ】

【メラビアンの法則】を鵜呑みにすることは危険ですが、

「人は見た目が9割」という本や
「ビジュアル系」なる言葉が支持を集める時代です!

あなたの「見た目力」はいかがですか?

   ☆しぎはらひろこ