真実を話すと怒り出す人々 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真実を話すと怒り出す人々

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

世の中には、本当の事を知ったり話したりすると「怒り出す」という方達がいらっしゃいます。(笑)

 

その様に「怒る方」の特徴を観てみますと、その根にあるものは、どこかに「自分の責任と思いたくない」という心理が働いている事が解ります。

又、ご本人にはその自覚が無い方が多いのも特徴でしょうか?

(^^;

 

そしてもう一つ。

そういう方達は、自分の「こうあって欲しい」という欲望でものを考えるので、「 "真実" が自分の利益に不利になり困るもの」である場合に必ず怒ります。

 

そういう方達に取っては「真実であるかどうか?」というものはどうでも良く、「ご自分が欲しいもの・必要なもの」を正当化しようとする為に、真実を知る人や語る人に対して、烈火の如く怒るのです。

(※これは「親子関係」にも良く観る光景の一つでもあります)

(^^; 

 

「自分の責任」と思いたくないケースで多いのは、

 

例えばグルメと称し、ご自分の欲望(※過ぎた快楽やストレス解消と称し!?)から、暴飲暴食を長年続けて来られたり、お酒をガンガン飲んで来られたり、

 

又は「健康オタク」であっても、それが間違った情報から自己流に偏った食生活である事に気付けず、真面目に長年実践されて来た方達などが、或る程度の年齢になってそのツケが病気に現れたり、体の不調や痛みとして現れたりされても、

 

「何で私がこの様な目に遭わなくてはならないのかッ(怒)!?」と、その原因がまるで自分の外に有る様に「天や神様(?)を怒る方達」というのも、この世には大変多くいらっしゃる模様です!?(笑)

(^^;

 

 

そういう方達は、「自分が作った因の結果を、今受け取っているのだなぁ!」という自己責任の発想が全く無いので、人によっては天を恨み、又「病気になった可哀想な自分」に同情してくれない人達に対して腹を立てたり、

 

又「そうなってしまったのは過去(前世含む)の暴飲暴食の結果や、人生の学びの為(※病気にも色々なケースがあります)」だと、真実(=正しい原因が分かれば、正しい対処ができる)を教えてくれている、本当は親切な相手に対して、

 

「冷たい!」と他人を「怒る」という事もなさる様で、困ったものでございます!?

(^^;;

 

 

又、こういう事を書く私のコラムに対して「イラッ」とされたり、不愉快になったり怒ったりされる方も「多分いらっしゃるのだろうなぁ」と常に思いますし、

又私はそれを承知で、毎回この様なコラムを書かせて頂いているのですけれど、(笑)

 

そういう「宇宙の法則 = 因果の法則 = 真実」というものは、この世というものが生まれた時から在るものであり、一人間の私が創造した訳ではありませんので、

 

 「私に怒られても…。(飛んだ とばっちり~~~ッ)」というのがございます。(笑)

_(_^_)_

 

 

そしてもう一つのケースですが、これは社会的にも良く行われている事で、

例えば、意図的に作られたものの裏に在る真実を知ろうとする人間や、それを社会に伝えようとする人間が、

 

権力を持ち金融や人々を支配したがる組織の怒りを買い、社会的な悪者や狂人や犯罪者に仕立て上げられたり、抹殺されたりするというものがこの世には確実に存在しています。

 

(※これは大規模な世界的・社会的な組織でも常に行われていますし、一番小さい規模の "社会の始まり" である「家庭」の中でも、多かれ少なかれ行われています)

 

 

そういう「真実ではない」ものを伝えられる時には、必ず伝えられるものにはその嘘から来る「違和感」や「偏り」が有り、又そこから全体の「不調和」が生まれていますので、感度の良い方達はすぐ感じ取ります。

( ・・) ~~~ ★★★

 

 

世の中の事件でも事故でも、どこか曖昧に有耶無耶に処理されたり、いつの間にか立ち消えになっていたりするという様な、どこか腑に落ちないモヤモヤとした「不自然さ」というものが付き纏っている時は、

間違いなく権力者達の「工作」と「隠ぺい」という、意図されたものが裏に有るのです。

《 ゚Д゚》!?

 

 

ちなみに、以前に起きたマレーシア航空事故や、今回の「イスラム国」の人質事件や、ロシアとウクライナの紛争等々その他でも、

何か不自然でモヤモヤした違和感が付き纏っているのに、それを全く「何も感じない」などと言う方は、日本では一体どのくらいいらっしゃるのでしょうか???

《 ゚Д゚》???

 

 

個人的なプライバシーの中でも、社会的な組織でも、

この様に人間というものの「野心」や「欲望」というものは、その中を牛耳りたい権力者が "自分の都合の良い様に" 真実を捻じ曲げたものを、真実と認めさせたがり、

 

 

その嘘を見破り真実を語る者を "抹殺・排除" して行くという、残酷で恐ろしい "業" を生み出して行く…。

 

 

そういう恐ろしい側面も、私達人間は持っているというのも又「真実」です。

(・_・;)

 

 

 

 

 

 

今回の内容に相応しい空模様!?(笑)

(^^;

 

 

 

 

この世は、複雑に色々なものが絡まり合って見えるのですが、

本当の真実というものは常に「シンプル」で「オープン」で、隠し事というものが有りません。

 

その「シンプル」なものを、ごちゃごちゃに複雑にしたり、都合の悪いものを隠ぺいしようとする=人々は愚かで欺けると思わせているものは、人間の「傲慢」と「貪欲」、

 

そしてお互いの「無知」からなのでありましょう。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年