この世には「愛」をエネルギーにする人と、「怖れ」をエネルギーにする人がいる - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この世には「愛」をエネルギーにする人と、「怖れ」をエネルギーにする人がいる

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

巷では、多くの方がエネルギーやパワーは「人からもらうもの」だと思っていらっしゃる様です。

そしてその様な発想の方達というのは、それが「人からエネルギーを奪う」という事にも繋がっているという発想は無い様なのですね~。

(^^;

 

この様な方達は、「最初に自分から与える」という発想は無く、

絶えず「人から与えてもらう」という事しか頭に無い、とっても "ケチん坊" な方達でもあります。(笑)

《 ゚Д゚》!!

 

そしてご自分はその様にケチん坊のくせに、「エネルギーは人からはもらうもの」という発想から、

「もらって当たり前」という感覚を、どこか無意識に持っていらっしゃるのも特徴なので、

 

「人から見返りを求める時だけ、相手に "与える" 」という事はあるのですが、

 

期待していた様な見返りを、相手が自分に "与えてくれない" と感じると腹を立てたりして、どこかふてぶてしく人間的に可愛気の無い、とても冷たく図々しい方が多いのも特徴です。(笑)

(・_・;)

 

世の中の殆どの人は、多かれ少なかれこの様な発想で無意識に生きておられるので (※それが「人間」というものなのかもしれません)、

この世をクールに俯瞰で観ておりますと、私達の「人間関係」というものは、お互いに相手からもらおうとする「エネルギーの争奪戦」になってしまっている場合が多いのではないでしょうか?

(^^;;

 

 

では、その皆が欲しがる「エネルギー」というものですが、

エネルギーには「ポジティブ=愛」から生まれるものと、「ネガティブ=怖れ」から生み出されるものがあります。

☆彡  ★彡

 

果たして皆様は、そのどちらをご自分の人生の栄養にされていらっしゃいますか?

…というのが、今回のテーマです♫

( ・・) ☆彡 ★彡(・・ )

 

 

つまりご自分は、

 

「与え合う」ポジティブ・エネルギーの中に生きているのか?

「奪い合う」ネガティブ・エネルギーの中を生きているのか?

 

という事です。

( ・・) ~~~ ☆彡   ?   ★彡 ~~~ (・・ )

 

 

ポジティブなエネルギーの源になるのは、「与える」という行為です。

それを別の言葉で表現すると、慈愛や慈悲という種類の「愛」になります。

(※これは「性愛」や「親子」の "情愛"とは、ちょっと質の違うものです。情愛には "奪い合う" という性質が含まれるからです)

《 ゚Д゚》♡ ♡ ♡

 

上質なものであるほど「与えっぱなし」という、一切相手から見返りを求めないという「高尚な愛」と言われるものに成って行くのですが、

これが人間に取っては大変な、一番難しい「高難度の愛」といっても良いのではないでしょうか?

これは実際は、親子の仲でさえも人間には難しいのですから!

(^^;

 

でも数は少なくても、この様な行為をされながら生きておられる方が、この世にもいらっしゃるというのも、又事実です。

☆_(_☆_)_☆

 

 

私達が人間関係で良くやってしまう、何か "相手からの見返りを求めて与える" という行為は、別の言葉で「ビジネス」と言います。

(^^;

 

ビジネスならビジネスで、感情を挟まずにクールに割り切ってしまえるものならば良いですが、

私達は自分の人間関係の中で、お互い自分達の "私情" を挟みながら、この「ビジネス」を知らず知らず行っている事が大半で、

 

お互い与えている "つもり" の勘違いで、互いに「奪い合う」という中に生きてしまっているケースは、実際にとても多いのです。

(※良質なビジネスは「与え合い」ながら「もらい合う」というフェアなバランスで成り立っておりますが、「与えっぱなし」ではビジネスは成立しません)

(・_・;)

 

そのネガティブなエネルギーの源になっている「奪う」という行為ですが、

何故そうなってしまうのか?というのは、それは「自分の中に持っていない」「持っているものでは足りない」と感じる、その欠乏感から来ているのです。その行為は裏を返せば、

 

いつも、他人からもらった(奪った)ものを失う事への「怖れ」に囚われながら生きねばならない事になり、

それで絶えず「人からエネルギーをもらい(奪い)続けなくてはならない」という状況=怖れを、自ら生み出してしまっているのです。

( ; _ ;)

 

自分の中に「無い」「足りない」と思うから、そういう人に取って失う事は恐怖であり、相手から「もらうしかない」となってしまうのですね。

ですから当然「相手からエネルギーをもらう(奪う)」という形になってしまいます。

 

これが結果、「怖れ」のエネルギーをパワーに行動する人という事になります。

( ・・) ~~~ ★彡

 

 

けれどそういう方も、実は人に与えているものがあるのです。

それはご自分の中に持っている「怖れ」から来る、様々なネガティブな波動や感情です。

《 ゚Д゚》!! ~ ★★★

 

そういうものをご自分では知らず知らず、自覚無く相手に「与えて」いる事になるのです。

(誰でも皆、「自分が中に持っている」ものしか相手に与えられません)

 

 

ちなみに皆様は、

 

「この人と付き合うと、何か疲れる」とか

「その人と一緒にいた時には楽しく感じていたのに、後になってド~~~ッと疲れが出る」とか

「その人といるとエネルギーを吸い取られる様な、何か厭な感じがする」

 

という経験はございませんか?

(ご自分は疲れるのに、相手はどんどん元気になる様に感じてしまうとか…?)

(-_-;) …???

 

その様に私達は自覚は無くても、そうして自分の中に持っているポジティブ・ネガティブ両方のエネルギー交換を、お互いに「与え合って」しているものなのです。

 

エネルギーというものは、ポジティブであれ、ネガティブであれ、「自分の中から生み出されるもの」なので、人間関係ではこの様なエネルギーの交換が、実は私達には目に見えない所で絶えず起きているのです。

《 ゚Д゚》☆★ ☆★ ☆★

 

 

でも又、そこで見落とされがちな事があります。

それは、自分が与えている相手は「他人だけではない」という事です。

《 ゚Д゚》!?

 

自分の中に「怖れ」というネガティブなものをお持ちの方は、

自分の中のネガティブを「自分自身に与える」事で、それ(怖れ)を自分のエネルギーにされておられるのです。

《 ゚Д゚》!!!

 

これが「ネガティブ」をエネルギーにしているという方の持つ「ネガティブ・パワー」が生まれるカラクリなのです。

(^^;;

 

以上、「ネガティブ=怖れ」をエネルギーにされる方の場合でご説明させて頂きましたが、

それを「ポジティブ=愛」のケースに置き換えて考えて下さっても、同じカラクリが働きます。

 

その場合「自分が人や自分に与えられるものは、一体どこから何から来るのか?」という事に行き着くと思いますが、人に「与えられる」というのは、

 

「エネルギーとは自分の中から生み出し湧き出るもので、人から奪うものでは無い」

 

という事を知っている方が、できる行為だという事に気付きます。

(^^♪

 

又、この世の中にはそういう事を考えずとも、生まれつきその様な性分を備えた方という方がたまにいらっしゃいますが、私はそういう方を、真に「徳の高い方」というのではないかと解釈しております。

☆_(_☆_)_☆

 

 

ポジティブもネガティブも、生きるものに取っては「エネルギー」には変わりが無いのですが、

 

「ポジティブ(愛)」は拡大して行く性質を持っているので、生命が心地好く感じるものであり、(^^♪

「ネガティブ(怖れ)」は縮小して行く性質を持つので、生命には窮屈で苦しく感じるものなのです。(-  -;)

 

 

皆様は、ご自分がどちらをエネルギーにされて生きておられると感じますか?

(^^???

 

ちなみに、ここの所のコラムで触れた「自己否定」を中に持たれている方は、ご自分にさえ愛を与えていらっしゃらないのですから、

確実に窮屈な「ネガティブ・パワー」をエネルギーにされて生きていらっしゃいます!(笑)

(^^;(^^;(^^;!!!

 

 

 

 

 

     

       明るい太陽の光と、             それを受けて生み出される月の光

 

      

 

光(ポジティブ)の存在は、実は陰(ネガティブ)という存在も生み出しているのですよね~。

《 ゚Д゚》!!

 

何事もその様に捉えると、当たり前と思っていた事が違って観えて来る所が…

何か深くて面白いっしょ?(笑)

(^^♪

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年