超低金利の終焉、ジェノバ(共和国) - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

超低金利の終焉、ジェノバ(共和国)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

かつて、地中海貿易で栄えたイタリアのジェノバ。
蓄えた富により金融大国となり、またその結果生じたカネ余りが超低金利をもたらします。
1619年、ジェノバ(共和国)の長期金利は1.125%と史上最低を記録し、その記録は長らく破らることはありませんでした。
1998年、バブル崩壊により長期不況に陥った日本は長期金利が1%を下回り、約379年ぶりに記録が更新されました。

周知の通り昨今では1%割れが常態化しており、またここのところ不安定な動きが続いています。
直近10日の長期金利推移は以下の通りです。

   長期金利 前日比(%)
2/05 0.355%   -5.3
2/04 0.375%    5.6
2/03 0.355%   24.6
2/02 0.285%    3.6
1/30 0.275%   -3.5
1/29 0.285%   -1.7
1/28 0.290%    9.4
1/27 0.265%   17.8
1/26 0.225%    0.0
1/23 0.225%  -27.4

長期金利が特に急上昇したのは2月3日。
前日から0.07ポイント高の0.355%に急騰し、前日比では24.6%増となりました。
原因は国債の入札不調で、応札額が約1年半ぶりの低水準となったことがきっかけです。

ギリシャのチプラス政権は歩み寄りを見せつつもばらまき政策を維持する構えで、これに対しECB(欧州中央銀行)はギリシャの銀行に対する資金供給の条件を一部厳格化する形で牽制を始めました。
ギリシャは財政再建を続けない限り、早い段階で行き詰まります。

ギリシャより遥かに大きな債務を抱える日本はどうか。
経済規模が大きく、また国債の9割以上が国内で消化される日本は、海外投資家が一斉に手を引いて国債が暴落することは基本的にありません。
ただ、めぼしい産業がなく借金の増大を事実上黙認したギリシャと、増大する社会保障費に抜本的な解決策を見い出せずやはり借金の増大を事実上黙認している日本は、程度の差はあれ政権が放漫財政を続けている点で共通しています。

ジェノバ(共和国)の銀行は、当時の強国であったスペインの財政を支援していました。
ところがスペイン王家の衰退が始まり、金利は4%程度まで急上昇し超低金利時代は突然終わりを告げています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

「20年物国債も、過去最低に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/03/25 11:42)

サードパーティーブームの終焉。ギリシャの債務延滞 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/07/03 09:00)

国債3年もの金利24% 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/20 09:33)

「サムライ債 2.5兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/12/26 16:07)

公務員が1500人解雇される! 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/30 09:17)