ウエストコーストとポルシェ・356スピードスターの思い出 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウエストコーストとポルシェ・356スピードスターの思い出

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 ポルシェにはあまり乗ったことがないのですが、その昔に一度だけ、356スピードスターで、真夏のウエストコーストをドライブしたことがあります。

 弁護士業務の合間を縫うようにして飛んだアメリカ、初めての右側通行では、右折左折の折にも、どのレーンに進めばよいのか右往左往する始末です。それでも運転に慣れてくると、その軽快感こそが、ポルシェの原点ともいうべきこの車の真骨頂だと実感できたのでした。バスタブとも称されるその丸みを帯びた愛らしいボディー、その銀色の上に並ぶ二人の髪を乱しながら、乾燥した空気がさわやかな風となって吹き抜けていきます。

 ポルシェのあふれかえる西海岸でも、私と同い年くらいの、このスピードスターは珍しいらしく、サービスエリアに駐車すると、車好きが寄ってきます。「これ、本物かい?」、「もちろんさ!」と、まるでオーナーであるかのように自慢するのでした。スピードスターのレプリカがたくさん作られています。

 それにしても、昨日まで見も知りもしなかった青年に、大切なクラシックカーのキーをポンと預けてしまうオーナーの懐の深さには感動しました。あのときのオーナーの年齢に差し掛かろうかとする今の私ですが、そんな度胸があるかどうか。

 小旅行を終え、オーナーに鍵を返したときの安堵感は、私に預けられたもう一つ別の大切なもの、一番大事なものを無事に返すことができたがため、ばかりではなかったと思うのです。

 カルフォルニアで飲むコーラの味は格別という発見とともに、私の忘れえぬ思い出となりました。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

交通事故でむち打ちにあったら 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 10:42)

モーツァルトのオペラ「魔笛」 を聴きに行く 大塚 嘉一 - 弁護士(2016/11/09 13:32)

大塚弁護士が酒を飲む理由 大塚 嘉一 - 弁護士(2015/09/15 14:43)