日本人の平均余命と、ライフプラン作成のお勧め - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本人の平均余命と、ライフプラン作成のお勧め

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ライフプランと家計 ライフプランを作成しよう

社会が複雑化しグローバル化する中で、私たちが生活するうえでどの様なリスクがあり、それをどのように避けるのか、又は取っていくのかで、将来が変わります。それら主要なリスクを考えて参ります。

我々生活者の最大の不確実性は、ご自身の生存年数です。このリスクは、ライフプランニングに欠かせませんが、現在の年齢から、平均ちとして、どの程度の寿命があるのかは、余命という概念で示されています。
厚生労働省のホームページ、統計情報・白書の平成25年簡易生命表の概況によれば、主な年齢の平均余命は下記の通りです。

150127主な年齢の平均余命

ゼロ歳の方の平均余命が、平均寿命になります。平成25年生まれの方は、殆どが男であれば80.21歳、女性であれば86.61歳が平均寿命です。
現在の厚生年金の受給開始は65歳ですので、男性は19.08年余命を保ちます。また、女性であれば、23.97年が平均余命です。平均ですので、余命よりも長生きする方もいらっしゃいます。ちなみに、男性で、平成25年に80歳であった方の平均余命は8.61年ですし90歳の方は平均4.26年の余命があります。

従いまして、平均余命にプラスして5~10年は長生きできるとお考えになって、ライフプランを立てることで、俗に言う「長生きリスク」に対応が可能となります。

年金受給の65歳から考えると、男性は約25年~30年のプランになりますし、女性(奥様含む)の場合には余命は23.97≒24年ですので、30~35年のプランを立てれば、長生きリスクに対応できると考えています。

ライフプランの作成は、下記のホームページを参照ください。
ライフプランに必要な、3表は、ライフイベント表、キャッシュフロー表、バランスシートです。これらの表を作成する過程で、様々な対応が必要になることが分かります。このシリーズでは、どの様なリスクに遭遇するのかを紹介してまいります。

1.ライフイベント表

ライフイベント表

http://www.officemyfp.com/planningtool.htm
2.キャッシュフロー表

キャッシュフロー表

http://www.officemyfp.com/planningtool-2.html
3.バランスシート

バランスシート

http://www.officemyfp.com/planningtool-3.html

ところで下表は平均寿命の年次推移を表わしています。
著者は昭和20年生まれで、今年4月に満70歳になります。平均寿命から、20年も長生きしています。余命は約11年あります。私がライフプランを作成したのは、FPになる以前の1998年でした。ツールはマイクロソフトのマネーでした。

150127簡易生命表平均寿命の推移

上表は平均寿命の推移です。
昭和22年の平均寿命は男性で約50年でした。それが平成25年には約80歳になっています。食糧の充足と栄養バランスの良化、生活環境の改良、働き方の良化、社会保障の充実、そして医療と医療制度の劇的な改善の賜物です。
そのため、俗に言う「長生きリスク」が発生していますので、50代からの15念でリスク回避・低下のため、ライフプランの立案をお勧めします

リスクの定義は、ウィキペディアの記述に従って、用いています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF
リスク (risk) の定義にはさまざまあるが、一般的には、「ある行動に伴って(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味する概念」 と理解されている。 

FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨
FPプラス投資助言で人生設計から資産形成まで一貫してサポート
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。
あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で資産配分とポートフォリオ構築を口座開設から銘柄選定までサポートします。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 暮らしとお金の相談

ファイナンシャルプランに関するテーマ別相談を承ります

料金
5,000円

オールアバウトでのQ&Aでの回答2000件以上の実績、ライフプラン作成の豊富な経験と人生経験長さ及び様々な出来事を経た知識に基づき、ご相談でお応え致します。
相談の内容や回答の可能性についてご相談者とFP双方が確認と合意の上、相談が開始されます。

暮らしとお金の相談

このコラムに類似したコラム

ライフプラン作成で考える退職金の使い道[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/10 17:00)

ライフプランの作成方法[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/20 14:21)

【専門家に聞く!】個々のライフイベントを把握しよう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/13 13:06)

寿命・余命とライフプランニング&リスク 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/12 17:34)

新年のご挨拶 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/01 10:00)