アメリカ確定申告 子供のデイケア費用クレジット Child Care Credit - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ確定申告 子供のデイケア費用クレジット Child Care Credit

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカ確定申告 子供のデイケア費用クレジット Child Care Credit

 

クレジットとは控除のひとつですが税額から直接引き算するため、非常に大きな節税効果 があります。見逃したクレジットは税金の対象となっている所得額を単純に減らすための控除より痛手となります。25%の納税者層では、それぞれの1ドルの控除には25セントの価値があり、それぞれの1ドルのクレジットには1ドルの価値あります。

 

あなたが働いている間にChild Careのために支払った額の20%から35%の額はtax creditとして適用することができます。しかし、あなたの上司が育児費用還付口座(あなたは税引き前の額を Child Careとして支払うことが認められる)を提供したなら、それはより良い待遇となるでしょう。もしあなたが20%のクレジットの資格を得て、25%の納税者層の場合、例えば還付プランはとても良い効果あるでしょう。(いずれの場合でも13歳以下の子供の世話に支払った額は控除の対象となります。)

 

あなたは二度の控除はできません。ひとつのプランを通して支払った費用はtax creditを発生させることに使用してはいけません。しかし費用の5000ドルは税制優遇な還付口座を通して払った場合、2人またはそれ以上の子供の世話のための費用は6000ドルまではクレジットとして認められます。もしあなたが仕事でのプランを最大限に活用したいなら、あなたが1000ドルを追加の費用としてクレジットとすることを主張できます。それは少なくてもあなたの税金を200ドルは削除できます。

 

アメリカの会計、税務相談は以下

Toddaccounting.com

Toddsaccounting.com

Usa-consultants.com

http://www.usa-consultants.com/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。

このコラムに類似したコラム

アメリカ確定申告と故人に関する遺産税 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/02/01 13:46)

アメリカ確定申告 と 引越し費用 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/01/15 12:35)

減価償却 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/21 01:00)

納税額 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/16 07:00)

結局税理士の手間は減らないという説もある 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/11 07:00)