単身赴任の部屋探し前に!単身赴任の部屋探し専門家(大阪) - 賃貸物件選び - 専門家プロファイル

佐名川 修
単身赴任本舗 代表取締役
大阪府
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

単身赴任の部屋探し前に!単身赴任の部屋探し専門家(大阪)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅賃貸
  3. 賃貸物件選び

大阪の単身赴任専用のサービスアパートメントを選ぶ!



近年、大阪に単身赴任で転勤が決まった方が選ぶ物件は「単身赴任専用の家具付き賃貸物件」が主流になってきている。

初めての単身赴任で転勤が決まった方で初めての単身赴任の方は、ご存じない方が多い。

初めてではない方もまだ知らない方も多い。


企業の社宅契約担当者さまもご存知の方も増えてきていますが、まだ知らない方も多い。

どうしてこの「単身赴任専用の家具付き賃貸物件」を選ぶ方が増えているのか。


これは、お住まいになる方からすると、できるだけ単身赴任生活を快適に過ごせるようにと暮らし始めてからのことを考える方が多いからです。

単身赴任生活のことを考えると、やはり日々の生活の中で必ずやらなければならない事を考えるならば「単身赴任専用の家具付き賃貸物件」が一番いいでしょう。

単身赴任生活を快適に過ごせると考える方が多いからです。

企業の社宅契約担当者さまから考えても同じ事です。



ご入居される単身赴任者の従業員にできるだけ煩わしい日々の作業を軽減できるようにと考えて、この専用の物件を選ばれています。



日々の単身赴任生活の中で欠かせない作業とは、どのような事かを改めてお考え下さい。

例えば、お部屋の掃除です。

この掃除で一番大変なのがお風呂の掃除とトイレの掃除。

以外と大変で面倒な作業ですよね。

知らない土地での生活と慣れない新しい職場での仕事で疲れて部屋に帰って掃除。

大変です。



これまでの自宅では奥さまに任せていた方も多いのでは。。。

改めて奥さまに感謝。

そのように思う方も多いのではないでしょうか。

その他には、毎日の朝夕の食事ですね。

これは食事を作るという作業だけではなく、健康面のことを考えた食材を仕入れてどんなものを食べるといいのかも考えないといけない。。。

このことが一番大切なのかもしれませんね。



単身赴任生活ではツイツイ外食が多くなりがちですよね。

仕事上での付き合いも大切ですし。。。

面倒だから一人の時もその時に食べたいものを食べてしまう。

仕事上の付き合いがない時くらいはできるだけ栄養面のことも考えて自炊をするよう心がけたいものです。

心配をするのは、生活習慣病の原因にもなりかねないからです。。。



その他には、宅配便やクリーニングの事などが気になる方も多いでしょう。

まだ他にもあるが、以上のように日々の大変な欠かせない作業が結構多くあります。

このような作業をもししなくてもいいなら。。。それはどれだけ楽か。。。



そのようなことを考えて、ご存知の方は「単身赴任専用の家具付き賃貸物件」を選ばれるのです。

このような物件を専門に取り扱う不動産会社では「単身赴任専用サービスアパートメント」とも呼ばれています。

一般的に「サービスアパートメント」という物件があるが、この物件を単身赴任専用に建てられたと考えていいでしょう。



海外から入ってきたサービスアパートメントのような契約形態ではなく契約形態については日本の従来の賃貸マンションであるが、違いは法人契約専用というところとお住まいになる方は単身赴任の方というところが少し違う。

建物内の設備や備品、サービス内容は一般のサービスアパートメントに近い。

簡単に言うとサービスアパートメントと賃貸マンションの中間といった感じだ。

サービスアパートメントと賃貸マンションを合わせたものでもない。



一般の不動産会社も通常あまり取り扱わないため、この辺の事には慣れていないのが現状だ。

大阪の単身赴任の部屋探しを専門にしている不動産会社「単身赴任本舗」では、この辺の事情をオープンにしている。

オープンにしている理由は、全国にもっとこのような単身赴任専用のサービスアパートメントが広がることが望ましいと考えているからだ。


一般の賃貸不動産会社では、なかなかできない特殊なノウハウがあるため取り扱うことも煩わしく感じてしまう。

だからこそ、2015年で19年の実績を持つ専門家「単身赴任本舗」は、こだわり続けています。

単に物件をご紹介するだけでは無い。



長年こだわり続けてきて、多くのこのような「単身赴任専用サービスアパートメント」のオーナーさまへの運営アドバイスなども行ったり、単身赴任の部屋探しのお手伝いを行ってきて積み重ねてきた実績はかなり大きい。

一般の部屋探しをされているお客様とは色んな意味で価値観も違い、また契約の手続きなども少し異なる。



また、物件は特殊な物件であり、借主さまが企業となるため「planner」として必要とする責任感も違ってくるのである。

単なる物件を紹介する不動産会社の営業マンとは大きく違ってくるのです。



そのため「単身赴任本舗」では、世間でいう営業マンのことを「リビングプランナー」と呼んでいる。

 

---- 


meals_esaka
meals_shinosaka
sunrise
asteion
oase
sweethome
sweethome
column
sweethome
sweethome

 |  コラム一覧 |