『動産』と『不動産』 どちらを買うか?(1) - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『動産』と『不動産』 どちらを買うか?(1)

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
                  ・・・EMPメルマガ2007年12月1日号より・・・


国語辞典によると、
『土地およびその定着物をいう「不動産」以外の物』を
「動産」といいます。


言葉の意味からすれば、
動産と不動産は
全く正反対のものになりますが、
「動かせるもの(動かしやすいもの)」という意味では
不動産の中にも「動産」があります。



ゴールドクレストの安川社長と
フュージャーズ・コーポレーションの広岡社長は、
ともにバブル崩壊後に
コスモスイニシア(旧リクルートコスモス)から独立した
一部上場のマンションデベロッパーのオーナー社長です。


ゴールドクレストは
タワーマンションなど都心を中心に物件を供給、
一方やフュージャーズは
千葉や埼玉を中心とした、主に郊外において
分譲マンション事業を展開してきました。


お二人は同じ母体の出身でありながら、
これまでまったく違った戦略をとっていました。


その二人の会社の業績が
今期大きく明暗を分けました。(注:2007.12月時点の記事です)


 
用地取得競争は当然都心の方が激戦です。

競合も多いし価格も高い。

そのため
なかなか供給戸数も伸びない。


郊外のマンション用地は
競合も少なく価格も安いため、
比較的楽に供給できます。


 
一昨日の新聞(2007.12)に
分譲マンション各社の今期業績見通しが載っていました。


フュージャーズが、
販売期間の長期化による経費増のため
営業利益が対前年比マイナスになる見込みに対し、
逆にゴールドクレストは10%近く伸びるようです。

 
明暗を分けたのは「供給立地の違い」です。




                >>> 明日へつづく・・・




※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 最新版をご希望の方はご登録を。(登録無料)
 ⇒ご登録はこちらから


 ⇒安心の不動産投資なら、EMP