援護射撃がないと辛いよね - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

援護射撃がないと辛いよね

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は有料駐車場の日です。
「なんでここに?」という場所にたまにありますね。

会計基準についてお話をしています。
国際的な戦いの場における日本の立場について一般的な説を紹介しています。

グローバル化という言葉のもと、企業の国籍が意味を持たなくなってきた、と言われます。
そうは言っても、実際にはやはりAppleはアメリカの会社だし、トヨタは日本の会社だという意識がどこかには残っているように思います。

そのような時に会計基準を巡る戦いにおいて日本が劣勢なのだとすれば、日本の企業としては常に厳しい状態に置かれていることになります。

・すっごい頑張って仕事しているけど、直属の上司があまり応援してくれないのでお客さんに評価してもらえない

みたいな感じでしょうか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

実利や面子を巡る戦い 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/23 07:00)

ある日、突然赤字企業になりました 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/16 07:00)

学者と経済 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/28 07:00)

正解不正解ではないことに注意 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/27 07:00)

ガラパゴス会計? 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/25 07:00)