アメリカ確定申告、アメリカ会社設立、アメリカ経理代行 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立、アメリカ経理代行

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカ確定申告、タックスリターンについて 簡単に説明します。


タックスリターンとは 日本で言う確定申告のことです。

個人のひとは アメリカに収入がありましたら 確定申告をすることは 義務になっています。

法人の場合は 収入がある、なしにかかわらず、 法人の申告をすることは 義務になっています。

個人の申告の締切は 4月15日、法人の場合は 3月15日です。

延長申請をすることで、個人は 10月15日まで延長できます。


雇用主や お金をはらう側の人たちは 税務署に 収入があったことを 報告する義務がありますので、収入があった場合は 費用や控除の金額と一緒に 申告して、正しい 利益を報告します。


もしも締切におくれた場合は IRS という 税務署から 手紙が来ることがありますが、

お給料から 源泉徴収などで 前もって 納税している場合は 罰金はかかりません。


もしも 前もって納税していない場合は 確定申告をできるだけ早く 提出するほうがいいでしょう。そして、 電話や手紙で 理由を伝えるのが いいです。無視はしないほうがいいです。罰金が よりいっそう 増えることになります。


アメリカにいない場合も 私たちは 代表として しんこくをすることができます。・

 http://usa-consultants.com/

http://youtu.be/ymVnWiMd-8w



http://youtu.be/ymVnWiMd-8w
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。

このコラムに類似したコラム

見栄えが良いだけに困ったもんだ 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/05 07:00)

税務について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/03 07:00)

マイナンバー制度では支払う人に色々と義務がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/08 07:00)

アメリカ確定申告 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/06/25 12:17)

アメリカ確定申告と故人に関する遺産税 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/02/01 13:46)