【部下に仕事をさせるコツ】 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

長坂 有浩
アリスカンパニー 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【部下に仕事をさせるコツ】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
コミュニケーションの達人になるために 言葉
「部下が思うように仕事をしてくれなくてイライラする」

こんなことを言う経営者のなんと多いことか。

無料のアリスカンパニーのストレスチェックをしても、結構「イライラ感注意シグナル」が出てくる。


でも、もしかしたら

「これって当たり前」。


「抱えているもの」「背負っているもの」が違うのです。

社員の生活を保証してあげたいし
借金の保証人になっているから自分の人生がかかっているし

「社長の仕事の大半は資金繰りだ」

って言う人もいるぐらい。

でも社員はそこまで考えない。

というか、実際のところ考えさせてはいけない。
会社は「社員が安心して働ける場所」でなくてはならないから。

でも時々やっぱり思うように動いてくれなくてイライラする。


これの解決策は結構難しいのだけれど、

「自分と同じ危機感を持ってもらう」

のではなくて、

「ビジョンの共有」、「コミュニケーション」、「モチベーション」

の構築です。

何のために仕事をするのか
そのために何が必要なのか

今の仕事はその人に合っているのか
そもそも、今の仕事をやりたいのか
本当にやりたいことは一体何なのか

もちろん、「スキルが足りない」ということもあるでしょう。
でも、モチベーションがあればスキルはやがて埋まる。

たいがいは社長が一番仕事が出来るでしょう。
でもそれは、社長が一番モチベーションが高いんだもの。
だからどんどんスキルアップする。


とにかくいろいろ話しあってみてください。
仕事のパフォーマンスが上がらないときは、何かに原因があります。
もしかしたらプライベートのことかもしれません。

「いろいろ聞いても何も出てこないんだよ」

そういう場合もあるでしょう。

質問しすぎていませんか?
質問しながら答えがでなくてイライラしてませんか?

人は「この人になら話しても大丈夫」と思ったら自分からどんどん話してきます。

質問しすぎると、「刑事の取調べ」みたいになってしまう。

そんな時は、質問をやめてください。

自分のことを話してください。
極端なことを言うと、何でもいいです。

「何でもいいってほんとう?」

はい、何でもいいです。

人が「この人になら話しても大丈夫」と思うのは何故か?

その人を信用するからです。
というか、相手が「オープンマインド」になっているからです。

自分のことを話すたびに、【こころの殻】がとれていきます。
それが大事。だから何でもいい。

まずは自分。
相手は自分の鏡です。