【相続対策の生命保険】複数の保険会社にまたがって契約するメリットは? - 保険選び - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【相続対策の生命保険】複数の保険会社にまたがって契約するメリットは?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 相続対策の生命保険

こんばんは。相続総合研究所の大泉稔です。

最近は、「乗り合い代理店」など、一か所で複数の保険会社の商品を扱う所もあるようですが。

例えば、一人のお客様が複数の生命保険会社と契約する場合、
お客様にとって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

「類似商品なら、保険料が少しでも安い会社」
「リスク分散のため」
「保険会社の得意分野を活かす」
など、様々あるでしょう。

しかし、いざ相続が発生し、保険金請求をする場合は、どうでしょうか?
それぞれの保険会社に請求書と添付書類を提出することになります。
特に、死亡診断書については「保険会社の所定の様式」のものを用いなくてはなりません。
保険会社所定とはいえ、死亡診断書ですからお医者様に書いて頂くことになります。
それだけ、お金と時間がかかることになるかも知れません。

保険は少しでも安い方が良いでしょう。
しかし、相続という一大事が生じて保険金を請求するのですから。
なるべく簡素でスムースな手続きの方が良いと思います。

保険は入り口(保険料)だけでなく、出口(=保険金請求)も大切だと思います。

余り考えたくはないことかも知れませんが、保険金請求のことも想定して生命保険を検討しましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 生命保険の見直し&診断 (保険商品の提案や勧誘は行いません)

商品の提案や勧誘を行わないので…とことん中立! とことん貴方のために!

料金
10,000円

普段、生命保険の販売を行っているFPが
個別具体的な提案や販売を行わない
「相談だけに特化」したサービスです。

本当の保険のプロによる中立公正な相談です。

「どういう内容なのか?」、
「保険が足りているのか?多すぎるのか?」
「残すべきか? 止めるべきか?…止めるとしたら、いつ止めるのか?」
「見直すとしたら、どのような保険に見直したら良いのか?」

プロがズバリ診断いたします!

生命保険の見直し&診断 (保険商品の提案や勧誘は行いません)