自然に身を委ねる - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

皆様は、「人生の達人」と聞くと、どの様な方を思い浮かべるでしょうか?

 

 

「長いものには巻かれろ」を、モットーにされている方でしょうか?

「見ざる・言わざる・聞かざる」をモットーにされている方??

「臭いものには蓋」などを実践なさっている方??? (笑)

 

 或いは、いつも人を利用する事しか考えず、

「他人の言葉やアイディアを盗んでは、我が物顔にされる方」でしょうか?(笑)

(; ̄O ̄)

 

こういう事をモットーにされる方は、人生というよりも、「ビジネスの達人」或いは「駆け引きの達人」とでもお呼びするのが相応しいでしょうか!? (笑)

 

 

ちなみに私に取っての「人生の達人」とは・・・。

《゚Д゚》!?

 

「絶えず、変化し続けている」というのが、この世の真理です。

ですので、この変化に「身を委ねる」事ができる方を、私は「人生の達人」とお呼びします。

☆_(_☆_)_☆

 

 

でも、これは単に「自分からは何もせずに、良い結果を求める」という様な、虫の良い事を望む様な怠惰な人の事ではなく、

ご自分から「自分の人生で、これがしたい!」と言う事を、自発的、且つ能動的に行動・努力された上で、結果は「天に任せる」という謙虚な姿勢がある方の事を指します。☆彡

 

こういう方は、自分のしたい努力をしながら「人生をリラックスして楽しむ」という姿勢のある方でもあります♫

(^^♪

 

 

こういう方が、私に取りましての「人生の達人」なのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

世の中に「努力をされておられる方」は、沢山おられるのですが、それには以下の二つのタイプが在る様に思います。

 

 

★自分の私利私欲でしかものを考えない「利己主義」タイプの方★

 

こういう方は、大変な策略家です。

何故なら、こういう方に取っては、悲しいかな「自分以外の他者(同業者)はライバル」という思考しか持っていらっしゃらないからですね。

又、「自分がそうだから、他人もそう見える(他人も自分をライバル視している)」という、勘違いの思考癖を持つナルシストでもあります。

(^^;;

 

 

こういうタイプの方は、「自分が勝つ (本当は人生は勝ち負けではないのですけど) 為には手段を選ばない」という、人として非常に品性を書く一面をお持ちになりますが、ご本人はそれを「恥」とは感じない無神経さがあります。

(いや、もしかしたら、そういう事をされているという自覚すらお有りにならないのかもしれません!?)

 

又、他人は皆、「自分のライバル」か、「自分に取って、利用できるかどうか」でしかないので、他人の個性や学んできたものを尊重したり、違いを認めたり、又自分と違う視野や才能から学んだり・・・という事ができない、可哀想な人なのです。

( ; _ ; )

ちなみに、この無神経さと傲慢さは、「人の痛みが分からない」という、人としての未熟さから来ていると申し上げて良いでしょう。

(^^;

 

 

 

もう一つのタイプは

★自分の「やりたい事」が、自然と人に役立つものにもなっているタイプ★ 

 

こちらのタイプの方は精神がいつも安定していて、自分が最大限の努力はしても、決してそれをひけらかす事が無いにも関わらず、何故か自然に(※ここ、ポイントです!)周りがそれを認めてしまうという方なので、自分で策略する必要が無いのです。

 

又こういう方は、自分の個性や役目というものを自分で熟知していらっしゃいますから、他者の個性も認め、そして尊重できる方でもあります。☆彡

 

この様に、ご自分のジャンルで一つの道を極めた方というのは、他のジャンルのものでも「良いものは良い」と、自分と違うものに対しても「本物が分かる」という感覚の眼を持っているものです。☆彡☆彡☆彡

 

ですので、自分とは違う道で極めていらっしゃる方達から、違う視点からのものの見方を学ばせて頂く事も楽しみますし、

何事も「表現ややり方が違うだけであって、極めると全て同じ所に到達するのだなぁ」と、その究極に気付ける感性と知性を持つのです。

《゚Д゚》☆彡

 

 

「自然に身を委ねられる」というのは、「人事を尽くして、天命を待つ」という、自分は最大限の努力をしながらも、どの様な結果であってもそれを「受け入れる」という心のできた方の、謙虚な姿勢に他なりません。

 

「自然に身を委ねる」事を恐れない方というのは、自分を信頼している人でもあり、「因果の法則」を理解している人でもあります。

☆_(_☆_)_☆

 

 

こういう方達は、気は入っておられても肩の力が抜けていて、努力をしながらもリラックスする事ができるという体質を持っておられ、

又、他者への配慮ができる繊細さと大胆さの、両方を兼ね備えた方達でもあります♫

(^^♪

 

正にこういう優美で知性的な生き方をされておられる方が、「人生の達人」とお呼びするに相応しい方ではないかと、私は思います♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

薄い雲から覗く太陽の光には、幻想的で独特の味わいがありますねぇ・・・。

 

 

 

 

「自分の欲の為なら、手段を選ばない」という様な、品格の無い行為を好まれる方には、それに相応しい人相とオーラが、その方からは放たれているものです。

( ; _ ; )

  

この様な行為を好まれる方というのは、ご自分の目が常に「ビジネス」にしか向いておられなくて、

人を見る時にも、自分の欲しいものの為に「この人は利用できるか?できないか?」という、ハートから

は遠く離れた事を基準に行動されておられる様ですが、

 

 

果たして、世の中の子供達がそういう大人を見た時に、彼等が「こういう大人になりたい!」という生き方なのでしょうか???

・・・と言う事を、私は考えてしまいますね~。

(; ̄O ̄)

 

 

それは勿論、自分自身に対しても、私は同じ様に考えます。

_(_^_)_

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年