何かを始めるためには、何かをやめなければできない - 社内教育・自己啓発 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何かを始めるためには、何かをやめなければできない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 社内教育・自己啓発
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

 新年を迎えて、何か新たな取り組みを始めようと考えている方も多いと思います。

 

 新たな取り組みということでは、以前あるところでうかがったお話で、印象に残っていることがあります。

 それは、「何かやめたいことがあるならば、やめた部分を埋める新しいことを始めなければならないし、何か新しいことが始めたいならば、今までやっていた何かをやめなければできない」というお話でした。

 

 “禁煙”が例として出され、「たばこをやめようと思ったら、それまで吸っていた時間を何かで埋めなければやめられない。だからガムをかんだり飴を食べたりすることで埋めようとする」ということでした。

 

 私がなるほどと思ったのは、その逆に新しいことを始めようとするときの話で、「みんな新しいことは積み上げ、上乗せばかりで考えるが、与えられている時間は有限であり、始めることとやめることをセットで考えなければ、新しいことはなかなか始められないし、始めても続けられない」ということです。

 

 考えてみると、私はここ数年、ブログやその他の原稿を書く機会が増えましたが、その代わりにテレビを見ている時間が圧倒的に減りました。

 また、いつも懇意にしている社長とたまたま話した中で、この社長は「最近ちょっと面白いゲームにはまってしまったおかげで、読書する時間が減ってしまった」などとおっしゃっていました。勉強をするために睡眠時間を削るなんていうことも、たぶん同じようなことです。

 

 一言で言ってしまえば、物事の優先順位づけなのでしょうが、この「何かを始めたら何かをやめる」ということは、実はみんな無意識のうちにやっています。逆に今までやっていたことが何もやめられなかったとしたら、きっと新しく始めたことの方が続けられなくなっているのでしょう。

 

 ここで思ったのは、この無意識でやっていた「何かをやめること」が意識的にできたとしたら、「新しく始めたこと」を続けられる確率が上がるのだろうということです。

 

 「新しいことを始めるには、まずやめることから考える」という方法は、結構良い方法なのかもしれないと思っています。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム