資産とは何かは時代によって変わる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産とは何かは時代によって変わる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はとんちの日です。
謎かけってのはとんちともまた違うのかな…。

会計の期間についてお話をしています。
資産とは「売上を上げることができるような力を秘めているもの」と紹介しました。

実はこの回答は時代によって変わります。
例えば昔、経済がいまよりも脆弱であったころ、資産に求められていたのは「換金性があること」でした。
いつ会社が潰れても担保として使えるように、売れるものだけが資産とされていたのです。

ということは、繰延資産とは「費用を繰り延べたもの」ですから売ることができません。
(形もなければ権利でもないので換金性が存在しない)
従って昔の会計では繰延資産は資産ではなかったことになります。

それが経済が発展し、会社というのがそう簡単には潰れないよね、ということが当たり前になってきたことから資産とは「売上を上げる力」が大切とされるようになったのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

引当金という存在 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/10 07:00)

費用を繰り延べるという発想 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/06 07:00)

資産とは何か?という根源的な質問 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/08 07:00)

売上と売上原価の対応 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/02 07:00)

会社という仕組みが馴染んできて… 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/18 07:00)