結婚して家庭に入ると陥る罠 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結婚して家庭に入ると陥る罠

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


バリバリ仕事をしていた女性が結婚して家庭に入ると

 

「私の人生って、何の意味があるの?」

 

という思いに囚われてしまうことがあります。

 


原因として考えられるのが「家庭に入る」という選択が、本人の意思によるものではないということ。

 

家庭に入ることを望んでいるのは夫であって、自分ではない。

 

でも夫への愛の証として大切な仕事を辞めるという犠牲を払っているという可能性があるんです。

 

もしかするとそれは

 

「私の深い愛を認めてほしい。そしてこんなにあなたを愛している私のことを同じように愛してくださいね」

 

という気もちからかもしれません。

 

あるいは

 

「彼の期待に応えられない私は愛されなくなってしまう」

 

という怖れがあるかもしれません。

 

 

いずれにしろ、自分の意思で家庭に入ったわけじゃない人は、役割や義務感にしばられながら家事や育児をこなすことになります。

 

役割や義務感からやっているので、「やらされている感」満載です。

 

そうすべきだからやっている仕事は、やってもやっても報われることはありません。

 

ですから自分でも気付かないうちに、被害者の立場に立ってしまいます。

 

そのうち心を込めることもできなくなっていきます。

 


こうなってくると、思い出すのは仕事のこと。

 

「やりがいがあって、認めてもらえて、お給料ももらえて・・・」

 

もう、あれ以上夢中になれることなんて、見つかりっこないとさえ思ってしまうこともあります。

 

でも、あれ以上夢中になれることがないのは、自分がまだ「仕事」を手放していないから。

 

過去に執着しているからにほかならないんですよね。

 


もし、家庭に入るという選択肢を自分の意思で選び直したらどうでしょう?

 

被害者だと思っていた私が被害者ではなかったと気づくかもしれません。

 

役割や義務感からやっていたものに、やりがいや楽しさを発見できるかもしれません。

 


意味がないと感じてしまっていることに対して、もう一度、自分の意思で選び直すということにチャレンジしてみましょう。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。
 

このコラムに類似したコラム

なぜか惹かれあう二人 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/07/22 23:57)

完璧主義から抜け出すための質問 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/29 10:12)

●●ができないうちは、結婚しない方がいい 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/03/18 19:02)

嘘をつかれやすい女性の特徴 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/03/08 19:54)

夫から大切にされる妻になるコツ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/07 18:45)