MBAホルダーのリーダーシップ能力3つの特徴。 - 社会人留学・MBA取得 - 専門家プロファイル

MBA Lounge 
MBA留学コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

MBAホルダーのリーダーシップ能力3つの特徴。

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 社会人留学・MBA取得

MBA取得を目指す社会人や学生にとって、リーダーシップは非常に重要な要素となります。MBAはビジネスのエリートを養成し、会社を経営できるような起業家や大企業の経営幹部を育成する場です。そのため、リーダーシップがなければ起業家や経営幹部の仕事が務まるわけもなく、将来の起業家、経営幹部としてリーダーシップの能力を付けることが強く求められます。


MBA出願においても、リーダーシップは非常に重要視されている要素であり、MBA出願の段階でもある程度のリーダーシップは求められています。重要な出願書類の1つである推薦状においても、出願者の上司は、出願者のリーダーシップを細かく聞かれ、ビジネススクールが求めるリーダーシップがなければ、合格することは難しいといえるでしょう。もちろん、MBA出願のインタビューにおいても「あなたが今までリーダーシップを発揮した経験は?」は、定番で聞かれる質問です。MBAを取得して、実社会で活躍している多くのMBAホルダーは強力なリーダーシップを発揮して日々のビジネスに奮闘しています。


それでは、リーダーシップを持っているMBAホルダーにはどのような特徴があるのでしょうか。
以下に、リーダーシップを持つMBAホルダーの3つの特徴をご紹介します。


◆不平不満を言わない。

サラリーマンとして会社の方針に納得できないという事は多々あると思います。しかしリーダーシップを持つMBAホルダーは不平不満を言いません。不平不満がある場合は、自分が納得するまで上層部と討論し納得できたところでチームのメンバーに指示を落とすのです。


どうしても納得できない場合は、自分の気持ちを押し殺し、会社の指示だということで割り切り、無理矢理自分を納得させてチームに指示を落とします。それでもどうしても納得できない、無理矢理自分を押し殺すことができないリーダーは、自ら会社を去ります。



どの行動を取るかに関わらず、リーダーシップを持つMBAホルダーは、自分の納得する形で行動に移します。


一方で、リーダーシップのないリーダーは、上層部の方針に納得できないままチームに指示を落としてしまいます。「自分は全く納得できないけど会社がこう言っている。」と言う気持ちで指示を出しますので、指示を受けたチームのメンバーもリーダーの情熱が伝わってくるはずもありません。結果として、チーム内の連携は見られ高いパフォーマンスを上げる事はできません。


◆人間観察力がある。

リーダーシップを持つMBAホルダーは、人間観察能力にとても長けています。リーダーとしてチームをまとめながら仕事をしていると、チームメンバーそれぞれが全く違う考えを持っており、それぞれのコミニュケーションも人によって変えなければならない事を実感するでしょう。

自分と違う考え方ややり方を理解して、それを受け止める必要があります。明らかにメンバーのやり方が正しくないと判断した場合は、メンバーを説得し、メンバーが自ら動くように仕向ける能力が必要になります。


リーダーシップを持つMBAホルダーは、とても忍耐力があり、また自分が発言すると人はどのように感じるのか、どのように動くのかが分かる人間観察力があります。


◆チームを仲良しチームにしない。

利益を出す組織を作るためにはリーダーが必要なのです。仲良しチームが必要なのではありません。リーダーは常に利益を作る仕組みを求められ、それを実行するには、何人かの大きな反発に立ち向かっていく必要があります。


自分たちの会社が、常に安定した利益を出すことが求められているわけですから、ビジネスは弱肉強食の世界です。そんな中で、一つの会社決定にすべての人が納得するような最適な回答があるとは限りません。満場一致がない中で、反対者の意見を押し切って実行するというような、ある意味力づくなやり方もリーダーには求められます。


すべての人に気に入られようとする人はリーダーシップがあるとは言えません。


リーダーシップを持つMBAホルダーは、「自分の価値観」と「会社のビジョン・戦略」とをなるべくうまくマッチできるように、人をうまく使いながら、利益を出す仕組みを作ります。
これは、言うまでもなく大変高度な技術です。MBAを学ぶことでこのような技術の基礎を身につけることができますが、一年または二年という限られたMBAプログラムのなかで、完璧に身に付ける事は困難です。今現在、これを実行できているMBAホルダーは、MBA取得後に自分の経験や事件、努力を重ね、少しずつこのようなリーダーシップ能力を身に付けてきたのです。


◆まとめ

点矢印画像リーダーシップというのは、MBA出願の段階であっても、MBA取得後であっても、大変重要なビジネスの要素である。
点矢印画像リーダーシップを持つMBAホルダーは、会社の不平不満を言わない。会社の方針に納得できるまで戦い、納得できた段階でチームに指示を落とす。
点矢印画像リーダーシップを持つMBAホルダーは、人間観察力に長けている。
点矢印画像リーダーシップを持つMBAホルダーは、ときには反対派の意見を押し切って、力づくなやり方に出る必要がある。自分は仲良しチームのリーダーをしているのではない、ということを理解している。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(MBA留学コンサルタント)
MBA Lounge 

MBA取得を目指す社会人、学生の夢を叶える専門家

MBA取得を夢見る方々のご相談に乗っていると、かつての自分を見るようで胸いっぱいになります。私自身MBAを夢見て、モヤモヤの20代を過ごしましたから。そんな方々に、MBA留学から学んだ事をシェアし、第二のキャリアで活躍頂くことに最高の喜びを感じます。

このコラムに類似したコラム

人見知りがMBAで成功するために必要なたった2つのこと。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/12/01 06:00)

ビジネススクールでは教えてくれない?!起業家精神の話。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/11/22 13:19)

30歳からのMBA挑戦。修了後の転職が心配で決心できないあなたへ。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/07/01 06:00)

MBA取得後の起業。経験、時間、お金の制約からのヒント。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/05/20 08:00)

MBAホルダーの一流ビジネスマンがもつ3つの習慣。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/03/06 07:00)