狭小住宅におけるプライバシーと開放性 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

狭小住宅におけるプライバシーと開放性

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家作りのコツ
土地の価格の高い都会における家作りでは狭小住宅を作ることが多い。近隣の建物と近接していたり、前面道路からの引きが取れなかったりと、プライバシーの確保が困難な場合がほとんどである。このような家作りにおいては内部における開放性と、プライバシー確保とのバランスが非常に大切だ。
さんかくの家はさんかく形の土地に建つ小さな住宅である。
この住宅は、人通りの多い緑道に面している。そこで、壁にあける開口部は光と風を取り入れるための最小限のものをバランスよく配置し、吹き抜けの上部に設けた棟屋の四周にあるおおきな採光窓からの光が吹き抜けをかいして1階まで照らすようなつくりとすることにした。
また、さんかく形の長編方向に対して壁を設けないことで伸びやかな視線を確保し、狭いながらも広々とした感覚を感じることが出来るつくりとなっている。
家族構成、性別などの条件によってこのような開放的な間取りを採用出来る場合ばかりではないが、なるべくなら小さくても伸びやかな住宅となるように心がけたいものである。