会社という仕組みが馴染んできて… - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社という仕組みが馴染んできて…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は東京駅完成記念日です。
一大商店街みたいな感じですねぇ…。

会計の期間について考えています。
昔の経済基盤では事業の存続性が低かったことを確認しました。

会計とは事業体の経済活動を記録するものです。
従って、経済活動自体がいまより脆弱なわけですから、会計の仕組みにも影響が及びます。

しかし少し時代が進んで、会社という仕組みが当たり前になってきて経済基盤が強くなってきました。
そうなると事業体もある程度存続をするのが当たり前になってきました。
ということは、会計の期間も少し考えを変えなければならなくなります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

資産とは何かは時代によって変わる 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/09 07:00)

陸の上でのお仕事を考えても… 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/17 07:00)

学者と経済 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/28 07:00)

会計基準を巡る戦い 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/21 07:00)

基準変更の多くは期間に関わる 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/17 07:00)