1.6倍、12月の交通事故と日没 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1.6倍、12月の交通事故と日没

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

順調に広まる衝突防止ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)。
早くも標準装備になりつつあり、実際にどれくらい事故防止効果があるかが注目されます。
交通事故はこれまでも順調に減少しており、内閣府「平成25年版 犯罪被害者白書」によると平成20年の交通事故死者数(30日以内死者)は6,067人でしたが、平成24年は5,237人で13.7%減となりました。
また交通事故死者数は月により大きな差があり、推移は以下の通りです。

■H24.交通事故死者数(30日以内死者)月次推移
01月 390人
02月 377人
03月 401人
04月 390人
05月 381人
06月 360人(Min)
07月 417人
08月 468人
09月 448人
10月 518人
11月 501人
12月 586人(Max)

交通事故死者数は10月頃から急増し始め、12月にピークを迎えます。
また最も少ないのは6月で、12月はその1.6倍にもなります。

様々な要因がありますが、その一つは日没時間。
交通事故の死者数は高齢者が過半数を占めており、2012年では51.3%が65歳以上の高齢者(出所:政府広報オンライン「交通事故の死者数および65歳以上が占める割合の推移」)でした。
会社からの帰宅や買い物で人出や交通量の多い時間帯が、徐々に暗くなり視認性が低くなる日没時刻に重なり、視力の低下している高齢者はより影響を受けます。
実際に昨年6月の平均日の入り時刻は18:57ですが、12月は16:30(出所:国立天文台データより算出)でした。

年の瀬は挨拶回りや年始に備えた買い物などもあり、外出機会も増えます。
歩行者は比較的明るい服を着るなどして、ドライバーからの視認性を高める対策を。
ドライバーは早めのヘッドライト点灯を心掛けるなど、車の安全性能に頼らない自助努力も必要と言えそうです。

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険 -49歳以下の方限定!-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

離婚の仕込み時期(2016/12/09 09:12)

このコラムに類似したコラム

ゴールデンウィーク 無理な横断 事故のもと 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/04/29 09:00)

ガラパゴスの純血 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/04/18 09:00)

女性の活躍、ガラスの天井まだ厚く 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/10/11 09:00)

ケニアのモバイル・イノベーション 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/07/12 09:00)

その妻、凶暴につき 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/12/14 09:00)