「もう浮気しない」と宣言させたい - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「もう浮気しない」と宣言させたい

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


夫の浮気が発覚すると、すぐに別れさせようとする女性は少なくありません。

 

それだけでは安心できず、双方の両親の前で

 

「もう二度と浮気しません」

 

と誓わせたいという人もいます。

 

自分の苦しみを知っておいてもらいたい気もちもあるのですよね。

 

でも、無理矢理別れさせると、今度はもっと巧妙な手口で浮気を隠す可能性があります。

 

それに、夫本人の意思で別れたわけではないので

 

「夫は浮気相手よりも私の方を選んでくれた」

 

という感覚が得られませんから

 

「この人は、また私を裏切るんじゃないかしら?」

 

と不安になってしまいがちです。

 

ですから、両親、義両親を味方につけて外側から圧力をかけて別れさせるのは、あまりお勧めできません。

 


今、目の前で起きている「浮気」という問題は、現象のひとつに過ぎません。

 

その現象を引き起こす原因に目を向けなければ、相手を変えて同じ問題が何度も浮上することもあります。

 

じゃあ、その根本原因というのは何なのか?というところなのですが、本当に色々なケースがありますのでひとくくりにしてお伝えするのは難しいです。

 

ただ、ひとつ言えることは、バランスが崩れているということ。

 

多くの場合、夫婦問題というのは、二人の関係に対等性が感じられないと起こります。

 

大人の男性と大人の女性による1対1の対等な関係性でないと、夫婦はバランスが保てないんです。

 

そしてバランスがとれるようにするために、浮気という問題が起きることがあるんです。

 


例えば、子どもの頃の満たされない気もちを夫に満たしてもらおうとする妻と大人の男性である夫の組み合わせ。

 

夫にしてみれば、親の役割を求められて重くてしょうがないですよね。

 

例えば、いつまでも実家に入り浸っていて、お母さん込みで結婚したような感じの妻と大人の男性である夫の組み合わせ。

 

夫にとっては、1対1ではなく、常に2対1のような感じがしているかもしれません。

 

例えば、子どもにベッタリとくっついている妻と大人の男性である夫の組み合わせ。

 

夫は、慢性的な寂しさを感じているかもしれません。

 

取り敢えずよくある3つの例を挙げてみましたが、対等性が崩れるバリエーションは他にもたくさんあります。

 

二人が大人の女性と大人の男性として1対1で向き合い、崩れたバランスを整えてあげることをしないまま、「浮気」という現象だけを解決しようとしても、あまり上手くいきません。

 

夫婦がしっかりと向き合い、改めて相手をパートナーとして選択するというプロセスを経ることで、浮気問題が起こる以前よりも、夫婦の絆は深まっていくことでしょう。


 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

*小さなことが大切* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/06/19 14:08)

夫に親を求めてしまう人の特徴 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/09 18:30)

夫に親を求めてしまう人の特徴 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/01 21:40)

二度目の浮気は妻の責任 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/04/28 20:56)

*別の手も考えてみる* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/04/28 14:27)