語学力と外資系ブランドビジネスの関係・・・ - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

竹間 克比佐
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

語学力と外資系ブランドビジネスの関係・・・

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
適職支援 外資系ブランドビジネス
語学力をTOEICの点数と考えて「語学力が有る無しを判断する資格」としている方が、候補者の中にいらっしゃるのではないでしょうか?確かにTOEICの点数は一つの目安になります。しかし,
TOEICは「継続こそ力なり」であって、過去の物で現在の職場で英語を使用していないとすれば
それは、企業との面談の時に、急に英語で自己紹介を・・・・とか流暢な日本人が急に英語でしゃべりかけた場合にとっさの回答ができなければ、全ての面接が上手く行っても「×」がついて面談の時間が無駄になるケースが非常に多いように感じます。日本人の立場で考えたならば、外国人で日本語が流暢な人は有難いが、そうでないと「意思の疎通」が取れないので仕事が遅れてしまいますよね。それと同じで欧米諸国にHead Officeがある会社で働く方々にとって、「日本人は英語ができない」と言うレッテルを貼られていると思います。仕事のバランスが取れていても「英語が・・・・」では給与を上げるキャリアステップができないのが「外資系ファッションブランド」ではないかと思う次第です。どうしても、必要不可欠な内容だと思って下さい。しかし、始めから流暢を欲していないと思います。中学生の単語の羅列でも構わないと思います。コミュニケーションですから
通じて・・・・尚且つ意思の疎通・・・・が大切です。