「富裕層 日本脱出!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「富裕層 日本脱出!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、先般財務省のまとめによれば、日本の富裕層の海外移住が増加しているとのことです。

特に、株式の売却益などに課税されないニュージーランド、シンガポール、香港、スイスへの移住者が、1996年に比べ2.6倍に増えていることが分かりました。

集計によれば、同4カ国への移住者は、96年が6722人に対し、2013年時点では17166人にのぼっています。

特に、移住者の増加が多いのがニュージーランドの8444人で3.4倍、シンガポールは1852人で2.3倍と続いています。

 

私が訪問した経験では、特にスイスは閉鎖的な面があり、またかなりのお金持ちでないとメリットを享受できないため、一部の超富裕層が移住していると思われます。

それに比べると、シンガポールは非常にオープンで、またニュージーランドは自然も多いことなどから、個人の目的、嗜好に合わせて移住先を決めていると思われます。

 

上記のような動向を受け、日本政府もただ手をこまねいているわけではありません。

欧州などで導入されている富裕層向けの税制を、すでに検討中です。

1億円以上の金融資産を保有している人が国外へ移住する場合、その“含み益”に対して国内で課税するというものです。

 

日本も、相続増税をはじめ、特に富裕層にとっては居心地のよくない状況が迫っているため、今後も“日本を脱出”する富裕層は増加していくこととなるでしょう。

 

私は国内を脱出する必要はないので、日本に住み続けるつもりです(笑)

ただ、国を維持するための税制強化も必要ではありますが、それよりまずは、「日本をより住みやすい国」「海外から観ても魅力的な国」にしていくことが、最優先課題ではないかと思います。

頑張りましょう!

 

それでは、今週末も平和で穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

世界の株式時価総額9000兆円(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/09 08:47)

「マネタリーベース 過去最高155兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/05/10 11:19)

「金融資産1547兆円 & 祝!アマゾン第1位」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/04/12 13:27)

アベノミクスの一番の恩恵は? 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/20 16:47)

商品指数の動向と、資産配分の考え方について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/26 16:00)