ひと味違った、カメラ撮影テクニック #2 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ひと味違った、カメラ撮影テクニック #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 映像メディアの演出術
日本の内閣総理大臣が突然、辞任したのは、約1週間前です。
福田総理の「あなたとは違うんです!」発言がネットで流行中です、
へんなものが流行る世の中です。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

映像メディアの演出術ということで、
「一味違った、カメラ撮影テクニック」の第二弾です。
前回のカットのポイントの続きです。

カットのポイント、



長いカットは、その空間に緊張感を与え、
短いカットは、映像にリズミカルなテンポを演出します。

短いカットは、撮影にもよりますが、''編集段階でイロイロと検討
できたり入れ替えなどを行って演出効果を高めます。''
長いカットは、撮影段階から、''ある程度の効果や、演出を意識して
撮影に入る場合が多いです。''

また演出家や、ディレクターの意図に沿って、画面に緊張感を与えるような
カットを構成してゆきます。


このカットのつなぎ方の連続で、映像の演出や、ストーリーがよりダイナミック
になり、テンポが良くなったり、また、間延びした、つまらない映像になって
しまったりするのです。

この辺のセンスやタイミングのコツを掴んでゆくのも、映像制作の上でとても
重要な要素になってきます。

自分が好きな映画のカットのテンポを覚えておくと、映像のカットポイントなど
が判ってきます。

カットのタイミングだけで、それがプロの映像か、シロウトさんの映像
なのか、見る人によってはすぐに判ってしまうのです。

次回は、「カメラのショット」についてです。(予定)

▼参考映画(例)
長いカットの映画: ぐるりのこと。 監督:橋口亮輔
短いカットの映画: ビバリーヒルズ・コップ 監督:トニースコット

参考資料:映画の撮り方・ビデオの撮り方、学習研究社