「いまだ、個人金融資産の5.3%!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「いまだ、個人金融資産の5.3%!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用

こんにちは!

さて、日本版401K(確定拠出型年金)の拡充、そして今年から始まったNISA(少額投資非課税制度)などもあり、ここ最近注目を浴びている金融商品が、「投資信託」と言えます。

個人が売買するのとは違い、投資を専門に行う運用会社(ファンドマネージャー)が、株式や債券、不動産をはじめとする様々な商品に投資を行い、利益を上げることに注力している金融商品です。

 

この投資信託の残高が、9月末時点で87兆円となりました。

 

ただ、個人的には、「まだまだ」といった印象を持っています。

というのも、日本の個人金融資産1645兆円(6月末時点)からみると、わずか“5.3%”でしかないからです。

ちなみに、「投信大国」である米国の場合、残高は約15兆ドル(約1770兆円)にも上り、日本はその20分の1にしかすぎません。

 

日本においても、投資信託が発売されて久しいですが、思うように残高が伸びないのには、いくつかの理由が考えられます。

最大の理由は、投信を設定し、販売してきた金融機関が、投信の乗り換えによって、「手数料で利益を上げる」ことを優先し、「顧客の利益」が軽視されてきたことが挙げられます。

その他にも、投資家への調査結果をみると、「コストが高い」「必要な情報の提供が足りない」などの“声”が上がっています。

最近では、かなり改善されてきた感はありますが、まだまだ“顧客の信頼を得るレベル”には至っていないと言えるでしょう。

 

とはいえ、四六時中「投資情報」をみる必要がなく、また投資のプロが運用してくれる「投資信託」という商品自体は、これから「自分年金」を準備しなければならない私たちにとっては、“有効な投資商品の一つ”であることに変わりはありません。

 

これから訪れる「インフレ」「金利上昇」を見据えたうえで、是非とも、自分の資産のまずは10%程度を、投資信託で運用されてみてはいかがでしょうか。

 

私たちも、その支援ができるよう「NISA」をはじめ、「401K」、投信による「ポートフォリオ運用」など、各種サービスの開発、クオリティ強化に取り組んでいます。

成熟期を迎えた日本経済において、「資産運用」は取り組まなければならない“課題の一つ”といえるでしょう。

 

それでは、今週末も穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

「海外分散投資エキスパート養成塾」第五期生募集開始! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/02/24 17:37)

「ASEAN 第2位の人口大国は!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/08/01 15:23)

プレスリリース「投信-PMS® ETF+」サービス開始! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/07/18 16:09)

「ラップ口座 残高伸びる!」&出版記念! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/06/06 11:55)

「プレスリリース 投資信託-PMS(R)サービス開始!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/02/28 11:54)