ヴァニティ・フェア、再び - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヴァニティ・フェア、再び

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 以前、ヴァニティ・フェアをご紹介しました。ポルトローナ・フラウ社の椅子の傑作です。

 最近、ある缶コーヒーの缶に露出しているのを発見しました。ジョージアの、その名も「ご褒美ラウンジ」。缶に張り付いたヴァニティ・フェアを見て、うれしくなって、つい三本、立て続けに飲んでしまいました。販売元の思惑通り、と言うことでしょうか。

 グローバル化が進行し、ますます人は、取り換え可能な部品と化しつつあります。そんな中、世界の中で、お前の居場所はここだよと、保証してくれる装置の一つとして、住宅があり、なかでも、快適な椅子は、重要な位置を占める、そう思います。経済的には、交換可能な存在であったとしても、その身体は一つ限りのものであって、それは、地球上の一点にあり、これを占拠しているのだ、という意識、自信は、自分を取り戻すための確かな一歩たりうる、そう信じます。我が家のヴァニティ・フェアに包まれながら、そんなことを考えます。「ご褒美…」というネーミングも、疲れを癒してくれる感があって、大変結構です。

 味はと言うと、うーん、もう少しプレミアム寄りでもよかったかな、と思います。せっかく、贅沢な銘品を宣伝に使っているんですから。

 それはそうと、ヴァニティ・フェアや、製造元のポルトローナ・フラウ社の名前が記されていません。商標上の権利関係はどうなっているのでしょうか。心配になってきました。弁護士の職業病、でしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

マセラティは洗濯女か貴婦人か 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/04/03 12:18)

バニティフェア 大塚 嘉一 - 弁護士(2011/04/21 14:20)

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

交通事故でむち打ちにあったら 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 10:42)