40歳までに身につけておきたい気遣い言葉 - マナー全般 - 専門家プロファイル

飯田 祥子
エレガントスタイル 代表
東京都
マナースタイリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マナー

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

40歳までに身につけておきたい気遣い言葉

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. マナー全般

相手を気遣う言葉の多さ。これは日本語の特徴かな・・・と個人的に思います。


例えば、手紙、メールの結びに書く気遣い言葉を考えてみても、

「くれぐれもご自愛ください。」

「どうかお体を大切に~」

「体調には気を付けて~」

「暖かくしてお過ごしください~」 等々


みなさまも使ったことがある方も多いのでは?ないでしょうか。まだ、他にもたくさんの表現があると思います。



どの言葉をみても、相手への想いが、このような言葉となって表れているのでしょうね。

気遣いの言葉は、「とても美しい思いやりの日本語」なのではないかと、いつも感じています。

 

さて、本日わたしがお伝えしたい事は、この気遣い言葉がもたらす効果です。

気遣い言葉を積極的につかうことで、

感性が豊かになり、表現力がUPされ、

人間関係(コミュニケーション)、相手への繋がりを深めます。



丁寧な形式的な言葉ではなくても、友人と食事をした後、別れ際に

『寒くなってきたね。今日は暖かかくして、ゆっくり休んでね。』

そんな言葉を一言かけるだけで、違います。



このような習慣から、 「思いやり」 の気持ちは生まれてきます。

真のマナーの原点は「思いやり」です。


40歳までに身に付けておきたい気遣い言葉。

どんな相手でも、どんな時でも、どんな場面でも、自然に表現できる女性は素敵です。

気遣い言葉つかっていますか?

 |  コラム一覧 | 

「ビジネスマナー」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

マナーで人材育成 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2014/10/27 11:24)

なぜ、お辞儀は必要なのか? 藤本 梨恵子 - 研修講師(2010/06/09 16:05)

今さら聞けない大人のマナー 新年度は挨拶&笑顔で良い人間関係を築く 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2015/04/03 11:35)

76万部発行の「シティライフ」に掲載されました 平川 裕貴 - マナー講師(2014/04/04 12:21)