ブルックスブラザーズのツイードのジャケット - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ブルックスブラザーズのツイードのジャケット

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 ジャケットが出来たとブルックスブラザーズのショップから連絡がありました。立ち寄って、例の濃いブルーの紙袋に入れてもらい、受け取ってきました。

 弁護士業務中の服装は、スーツがほとんどで、ジャケットを着ることはまずありません。たまの機会にブレザーを着るくらいです。

 私が、お洒落に目覚めたのは、司法試験の受験生の時代。受験生仲間に、お洒落な女性がいました。それまで、ファッションには、興味も関心もなかった私ですが、彼女がお洒落であることだけは分かりました。鬱陶しい梅雨を吹き飛ばすかのような彼女のレインコートの鮮やかな黄色が、眼に焼き付いた瞬間を、昨日のことのように思い出します。

 早速、大学の近くの古書店街に行き、定番の男性ファッション誌(メンズクラブですね。)のバックナンバー数年分に目を通しました。そして、ファッションについての数々の決まり事や、流行などについて、知識を得ました。

 何か新しい課題が与えられると、纏まった知見を得るまで、関連する書籍を読み込む。これは、私が、大学受験のときから、弁護士をやっている現在まで、変わらない私のスタイルです。

 ブルックスブラザーズの薀蓄も、その方式で、知りました。上着は、伝統的な三つボタン段返り。そしてそのナチュラルショルダー、ボックス型の胴回りは、ぽっちゃり体型の私をやさしく包んでくれるのでした。

 弁護士になってからも、ブルックスのスーツが、必ず、ワードローブに途切れることなくありました。何年前からか、その三つボタン段返りのモデルが、既製服のラインナップから外れています。成り立ちからして、そもそも吊るしが売りものだったはずのブルックスを、簡易式とはいえ、オーダーで買うというのも、ちょっと変な気持ちですが、やむをえません。

 この冬は、久しぶりに、ジャケットでも羽織ってみようかと思い立ったのです。注文と、あいなりました。

 持ち帰った紙袋を開けると、私の頭の中で30年以上もスタイルを変えずにいるヘリンボーンのツイードのジャケットが、そこにあります。

 私が注文したから出来たはずなのに、まるで、それが、私に命じて自分を作らせたのかようにそこに存在しています。

 「頑固な奴」。「お前もな」。激しくも、親しみに裏打された、そんな言葉が飛び交いました。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

交通事故でむち打ちにあったら 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 10:42)

モーツァルトのオペラ「魔笛」 を聴きに行く 大塚 嘉一 - 弁護士(2016/11/09 13:32)

大塚弁護士が酒を飲む理由 大塚 嘉一 - 弁護士(2015/09/15 14:43)