日経記事;『東レ、炭素繊維1兆円受注 ボーイングから 1000億円投じ米に新工場』に関する考察 - 海外展開 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『東レ、炭素繊維1兆円受注 ボーイングから 1000億円投じ米に新工場』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 海外展開

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

11月17日付の日経新聞に、『東レ、炭素繊維1兆円受注 ボーイングから 1000億円投じ米に新工場』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『東レは米ボーイングから航空機向けに最新の軽量素材の炭素繊維を1兆円分受注する。現行機と次期大型旅客機「777X」の主翼部分に今後10年以上にわたり独占供給する。

東レは1千億円を投じ米国に世界最大級の炭素繊維工場を建設、世界首位の座を固める。高い技術力が求められる航空機分野で過去最大の受注となる。日本企業が技術革新力で世界競争を勝ち抜く代表例といえそうだ。

両社は2006年から21年までの計7千億円分の供給契約を更新し14年から10年以上供給することで合意した。新しい契約期間の東レの受注額は1兆円を超え両社の取引額で過去最大。年内にも正式契約する。

東レは現行の中大型機「787」のほか、20年にも航空会社に納入が始まる777Xの主翼向けに炭素繊維の複合材を供給する。競合他社でボーイングが求める品質の炭素繊維複合材を供給できる企業がいないため、事実上の独占契約となる。

777Xは現行機の777に比べて主翼が大きく燃費性能も20%改善する。すでにANAホールディングスなどから300機近くの受注が内定している。東レは愛媛工場(愛媛県松前町)など日本国内の工場で米ボーイング向けの炭素繊維複合材を生産している。受注に対応するため米国に2番目の工場を建設する。

米サウスカロライナ州の約160万平方メートルの用地に17年にも新工場を稼働させる。アクリルの原糸を高温で熱して炭素繊維に加工し、部品に使うための複合材料にするまで一貫生産する。

まず3年間で約600億円を投じて生産規模で年3千~4千トン分の製造ラインを立ち上げる。20年までに製造ラインを増設し、生産規模を炭素繊維の主力拠点である愛媛工場の年約8千トンと同規模まで拡大する。

東レは現在、世界4カ国で炭素繊維を生産している。日本と米アラバマ州ではボーイング向けに、フランスでは欧州エアバスにも供給する。15年中に世界の生産能力を12年比5割増の年2万7千トンにする。今回のボーイング向けの新規受注分などを加えると年3万5千トンに達し、生産ベースの世界シェアは5割を超える可能性がある。

サウスカロライナ州の新工場が本格稼働すれば、米国の生産規模が日本を上回る見通しだ。愛媛工場は先端技術を開発するマザー工場の役割を強めていく。

東レの炭素繊維は自動車部品やゴルフクラブのシャフト、風力発電の風車などにも使われている。同事業の売上高は15年3月期見通しで前年同期比46%増の1650億円で全体の8%。同事業の営業利益率は16%に達し、東レ全体の6%を上回る。ボーイングからの受注拡大で20年には約3千億円、全売上高の1割を稼ぐ事業にする。

炭素繊維は年率15%で需要が伸びる見通し。東レと帝人、三菱レイヨンの日系3社で生産ベースで世界シェアの約5割を握る。三菱レイヨンは16年に米工場の生産能力を年4千トンに倍増。帝人も子会社を通じて北米で米ゼネラル・モーターズ(GM)向けの工場建設を検討しており、日本勢が攻勢をかけている。』


本日は、久しぶりにブログ・コラムを書く時間を確保できました。

私は、昨日、ドイツのデュッセルドルフから帰国しました。デュッセルドルフで開催されていましたMEDICA2014およびCOMPAMED2014に出席していました。

MEDICAおよびCOMPAMED出展のための事前準備と開催期間中の各種業務への対応におわれて、私は
しばらくの間、ブログ・コラムを書く時間を確保できませんでした。

私が関連をもっています数社の製造事業者やITベンダーがそれぞれ出展していたので、それらの企業に対する支援目的で上記展示会に出席しました。

MEDICAとCOMPAMEDは、現在、医療機器やバイオ関連事業では世界最大の展示会になっており、毎回世界中から多くの医者、医療機器メーカー、ソフトウエアやクラウドサービスなどのITベンダー、代理店、販売会社などの関連企業や関係者が集まります。

私は、上記数社の中小企業の販路開拓支援を目的に出席しました。

おかげさまで、今回MEDICAおよびCOMPAMEDに出展した企業は、販路開拓については想定以上の成果を出すことができました。

成果を出すことができた理由の一つは、各社がそれぞれ競合他社にない強みや新規性などの差別化・差異化できるものを打ち出したことによります。競争力を担保できたことが成果を出すことにつながりました。

製造事業者やITベンダーにとって、新規性や差別化・差異化を可能にする技術や商品・ノウハウ獲得することは、世界市場で事業展開する上で必要であることを改めて痛感しました。

本日の記事は、東レが米ボーイングから航空機向けに最新の軽量素材の炭素繊維を1兆円分受注することについて書いています。

東レや帝人、三菱レーヨンなどの国内メーカーが行っています炭素繊維事業については、何度か本ブログ・コラムで取り上げました。

国内メーカーがもっています、競合他社にない強みや新規性などの差別化・差異化できるものの代表事例の一つになることによります。

東レや帝人、三菱レーヨンなどの動きは、中小製造事業者やITベンダーにとって、新規性や差別化・差異化できるものをもつことで、世界市場で勝ち組になれる事例の一つになります。

炭素繊維は、日経新聞では以下のように説明しています。

「鉄に比べ4分の1の軽さながら10倍以上の強度がある高機能繊維。原料の種類によって大きく2種類に分けられる。東レなどが製造する主流の「PAN系炭素繊維」はアクリル繊維を焼成し、5~10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの細い糸を数千~数万本束ねて1本の炭素繊維の糸に仕上げる。実用化が始まった1970年代は釣りざおや自転車などに使われた。最近は航空機やシェールガスの運搬容器などにも広がっている。。。」

炭素繊維は、米国企業が発明しました。1980年代には、世界中で日欧米の大手企業数社が開発に
しのぎを削っていました。

しかし、開発・実用化および製造の難しさや高い製造コストなどのために、欧米企業は撤退しました。

その中で、東レ、帝人、三菱レーヨンの国内3社は、大きな潜在需要を確信して炭素繊維の開発・実用化を継続的に行ってきました。これらの3社は、炭素繊維がもつ大きな特徴・新規性(鉄に比べて重量が1/4、強度が10倍以上など)に期待して、巨額投資を続けてきました。

現在、東レが32%、帝人12%、三菱レーヨン9%のシェアをもっています。

東レの炭素繊維が注目されたのは、米ボーイング社が新型航空機の主翼部分に本格採用されたことによります。

本日の記事は、このボーイングが次期大型旅客機「777X」の主翼部分に再び東レの炭素繊維採用を決定したことについて書いています。1兆円の受注になることのこと。

今後、炭素繊維の事業規模がさらに増えるためには、自動車の車体に採用される必要があります。鉄鋼メーカーにとって、自動車用途は、大きな事業機会になっていますので、炭素繊維にその需要を奪われることは大きな損失につながります。

鉄鋼メーカーは、自動車用途に対して更なる軽量化と強度維持を担保できる新規鉄製品を開発・実用化しています。

鉄と炭素繊維は、自動車用途で大きな競争を発生しつつあります。このような合理的な競争は、鉄と炭素繊維の双方に技術開発・革新を起こします。より低コストで開発・実用化できるかが、勝敗を決めます。

炭素繊維が鉄との激しい競争を通じて、新規分野に対してより低コストで開発・実用化されることを期待します。

本日の記事にありますように、炭素繊維は、国内メーカーが徹底的な競争力強化を通じて世界市場で勝ち組になっています。

世界市場で勝ち組であり続けるために、今後とも国内3社は継続して開発・実用化を進めていきますので、この動きは中小製造にとって良い参考事例になります。需要があるところで、差別化・差異化できるものを提供していくことが重要であり必要になります。

この視点から今後も国内メーカーの炭素繊維事業の動きに注目していきます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。