贈物の魅力は贈り主の魅力に比例する - マナー全般 - 専門家プロファイル

飯田 祥子
エレガントスタイル 代表
東京都
マナースタイリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マナー

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

贈物の魅力は贈り主の魅力に比例する

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. マナー全般

贈物を贈るとき、

その、セレクト理由には「相手への気遣いレベル」が見えます。

先日、こんな素敵なプレゼントを頂きました。




「日本一かるた」 です。

富士山のかたちをした、このかるたは、日本全国47都道府県が誇る「日本一」のもの

いろは歌のひらがな47文字にあわせて詠んであります。


工芸品、民芸品、工業製品など

かるたを見て、日本には、世界に誇れるものが沢山、あることを感じます。

上の写真は、私の故郷でもある、山口県。


私にピッタリ。と想いセレクトしてくれたそうです。

まさに、私はこのプレゼントに大喜びでした。




人に贈り物をするときは、

相手のことを想ってセレクトしますよね?

実は、これも「おもてなし」なのです。

~*~*~*~

贈物を贈るときの日本人の御挨拶で知られている、 『つまらないものですが・・・』 という言葉。

この言葉を例に、

贈物の魅力は贈主の魅力に比例する。という事を説明したいと思います。


『つまらないものですが…』には、

自分なりに誠意をもって選んだ素晴らしい品であっても、あなたの前ではつまらないものに思えるかもしれない…。

あなたにふさわしいほど素晴らしいとは思えない ”


という、謙遜と敬意の心を表しています。日本の精神文化を表わしていることばです。


現在は、その表面的な言葉『つまらないもの』だけで、判断されてしまっていますが、


自分を一歩下げて、相手への敬意を表しつつも もらった方がお返し等で気を揉まなくて済むように…。


そんな気持ちを一言で表しています。


贈物をセレクトする時、

相手のことを思いながらセレクトし、気持ちを伝える。ことができるひとは

魅力的ですよね。


時代とともに見えるものや、形、言葉は変わっても、その中にある 真の【心】は、何も変わらない。

きっと、それが真のマナーであり、日本人が誇る、おもてなしの心なのだと思います。 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

節分は豆まきだけじゃない  ~節分運を味方につける~ 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/02/02 12:00)

海外の方が日本で挙式をあげる 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/11/09 10:00)

おもてなしの心「世界に誇れるマナー習得」メディア掲載 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2014/08/25 05:00)

結婚・披露宴のテーブルマナー 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2015/10/21 09:32)

相手を「他人」と考える?「御分」と考える? 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/04/02 19:00)