ひとは、目に見える花や葉を見て評価することが多い - マナー全般 - 専門家プロファイル

飯田 祥子
エレガントスタイル 代表
東京都
マナースタイリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マナー

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ひとは、目に見える花や葉を見て評価することが多い

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. マナー全般

人は、目に見える葉や花のほうを見て、評価されることが多いと思います。


 ~*~*~*~*~*

『 根深ければ、葉繁し 』  という言葉のように

 樹は、広く深く細かく根を張っていなければ、大樹に育ちません。

 

何かを 始めるにも、根が先で、葉は後である。 という意味です。


これは

株式会社ローヤル(現 イエローハット)の創業者。 鍵山秀三郎氏のお言葉。

~*~*~*~*

「マナー研修を行っても、効果がでない。」等といった御相談を受けます。


それは、この言葉と同じ。

一般的なマナー研修は、お辞儀や立ち居振る舞い、言葉遣いなど、型からお伝えすることが多いでしょう。

もちろん、その背景をお伝えされていると思いますが、


実は、 葉や花だけをどうにかしようとしても上手くはいかないのは当たり前です。

 




竹は、芽を出すまでに4年位かかりますが、5年目に芽が出た後は、

わずか6週間で30mくらいまで伸びるそうです。

最初の4年間で地 土の下に根を張り、それを土台にしてわずか6週間で、高さ約30mの 丈夫な 竹になる。

マナー教育も、人の成長意識も 竹と似ているかもしれません…。

 

 

うまくいっている会社でも、個人でも、短期間で結果が出ているように見えても、


実はそこに至るまでの、地道な土台作りが未来の願う姿を可能にしています。


結果を急がず、しっかりとした土台作りからはじめることが大切です。

 

土台こそが真のマナー! おもてなしへつながります。

 

それが、接客マナーの軸になり、
個人の力がUPして企業のイメージアップなどに繋がっていきます。


原点を見直す接客研修を!提案しています。  





 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

続かないひとが続けられるひとになるために・・・ 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/11/19 12:00)

おもてなしの心の表れでもある『箸』 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/12/27 20:00)

礼儀作法の心技体とは? 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/11/16 19:04)

和顔愛語 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/11/03 10:00)

相手を「他人」と考える?「御分」と考える? 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/04/02 19:00)