ソリューションプロバイダの企業経営 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソリューションプロバイダの企業経営

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はソリューションプロバイダの企業経営についてのお話です。

ITproのサイト上に「2007年度ソリューションプロバイダ業績ランキング」が掲載されています。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080812/312698/

主なポイント
・金融機関を中心とする堅調なIT投資、内部統制やプロジェクトマネジメントへの取り組みなどから、全般的には収益力や生産性が改善した
・売上高上位20位までの企業と、それ以下との企業との間で収益力の差が開いている実態も明らかになった

このサイト上の記事にも書かれていますが、中途半端な存在の企業は生き残りが厳しい時代です。

IT企業の経営者の皆様は、十分ご承知だと思いますが、これは今に始まったことではないですね。

中堅・中小ソリューションプロバイダは、ターゲット顧客と自社の「売り」を明確に定義し、顧客と直接契約するプライムの立場を確保したいものです。

顧客と直接契約することで、当然リスクは大きくなります。

プライムの立場でプロジェクトをコントロールするためのスキル習得、業務プロセスの見直しなどが求められるでしょう。

「自社の売りは何なのか」。収益向上を念頭において、一度じっくりディスカッションしてみてはいかがでしょうか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)