良き回答者とは? - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私はここのQ&Aコーナーの回答をさせて頂く時に、自分に心がけている事があります。☆彡

それは知識を持つ中で、「極力自分の体験・経験から理解し、確信できたものからお答えさせて頂く事」です。

_(_^_)_

 

そうでないと、只の「聞きかじった知識」や「データ」からだけでは、"自分に取って" の証拠・証明にはならないと思っていて、説得力には繋がらないと思っているのです。☆彡

勿論、色々な情報を知る事は大切ですが、でも自分が実際に「実践して納得できる」ものでないと、"自分に取って" の証拠にはならないと思いますし、でなければ、それが「嘘」に繋がる可能性だってある訳ではないですか? (^^;;

 

 

医療で言われる事や、美容に良いと言われるものでも、長い目で冷静に観てみると、一貫性が無く年中変わるものも沢山有る訳ですしね。

(昔は「良い」と言われたものが現代では「良くない」とされたり、その反対も・・・という事も、しょっちゅうです)

ちなみに私に取っての「良い」とするその基準・目安は、「自分の身体が健康であり、気持ちがいつも穏やかである事」です。(^^♪

 

 

例えば、ダイエットのご相談などの時に考える事ですが・・・。

結果が「痩せてはいるけれど、いつも気持ちがギスギスしている」とか「体型は維持できても、精神的に不安定」という様な結果では、私に取ってはそれは「不健康」であり、本物では無いと感じられます。

(^^;

 

ダイエットのご相談に限らず、それぞれご自分のされて行きたい事や生活習慣や個性の違う方々が、そういう中から何かヒントを得られて、自力でご自分の為のアイディアを自ら編み出され、

又それを 質問者の方が "実行" 且つ "持続" ができるものに繋がって行く様な、その為のヒントとなる様なアドバイスを心掛ける事で、

 

 

最後は相談者様自身が「ご相談の必要が無くなる」様なお答えに繋がって行ける様なものを「自分なりに考えて回答させて頂く事」が、アドバイザーには大事ではないかと私は思っているのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

何故なら、私は本当の優しさや親切と言うのは「相手を自立させて差し上げる事」だと思っているからです。

つまりご相談者の方達が、最終的には「ご自分で考え、解決できる様なお答えを差し上げる事」だと思うのです。《゚Д゚》☆彡 

 

でも人によっては、単に

 

「誰かに甘えたい」

「ただ話しを聞いて欲しい」

「構って欲しい」

「自分を認めてもらいたい」

「人に答えを決めてもらおう」

 

というのが目的で、真剣にご自分で解決しようとはされない方も、ご相談者様の中にはいらっしゃいますね?

世の中には、本当に色々なタイプの方がいらっしゃいます。(※勿論、真剣に取り組むからこそ、相談して来られる方も沢山いらっしゃいます)

 

そういうものをお求めの方には、私のアドバイスは、ちょっと突き放した様に冷たくお感じになられる方も、きっといらっしゃる事でしょうし、私もそれは充分自覚・自負しております!(笑)

(^^♪

 

 

でも、もし質問者の方達から「相談者に依存しないと解決できない」とか、「相談者に決めてもらう」などの意識を待たれる様なアドバイスを差し上げる回答者だとしたら、果たして「良き回答者」と言えるかどうか?というものを、私はいつも考えるのです。《゚Д゚》☆彡

 

 

考え方や価値観は人それぞれですが、私は「悩み」というのは、どなたに相談してもシビアな話し、結局最後は「自立してご自分で答えを出して、実行して行く」という事しか、本当の解決法は無いと思っておりますので、

 

 

これからも、ここのQ&Aコーナーに限らず、人様にアドバイスを差し上げる時は、

その自分の指針をモットーにして行こうと、私は思うのでありました♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

先日、まだ夕方と言っても良いような時間に、月がとても綺麗だったので撮りました♫

 

日没がとても早いこの季節。☪

早い夕暮れ時には、ちょっと感傷的になります・・・か? (笑)

(^^♪

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年