重要事項説明の意味 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

重要事項説明の意味

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編
不動産売買契約を交わす前に、仲介会社が物件の調査をして
その内容を書面にしたもので、宅地建物取引主任者が
買主側にその説明をする義務があります。

業者間では通称、重説もしくは物説と言われています。
(以下、物説と言わせていただきます)
内容は

     ●現地調査    ●役所調査

     ●法務局調査   ●埋設管調査


など、多岐にわたる調査の結果が書かれていいます。

ただ、宅建業法上最低限必要なことだけ書かれていればいいので
あなたにとって必要な情報が全て書かれているというわけではありません。

書類のフォーマットも仲介会社によって違います。
内容も2ページしかない会社もあれば、6〜7ページの会社もあります。
枚数が多ければ、書かれている情報内容もより詳細になります。

この重要事項の内容を理解した上で、契約に進みます。
この物説は不動産業界の常識として、契約の直前に行うことが多いのですが、
いつのタイミングがベストだと思いますか?

次回は重要事項説明のタイミングについてお話します