外貨でお金を使うことについて考えてみる - FX・為替取引 - 専門家プロファイル

上津原マネークリニック お客様相談室長
山口県
ファイナンシャルプランナー
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨でお金を使うことについて考えてみる

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. FX・為替取引
資産運用の考え方

 一昔前の香港旅行では、よく米ドル建てのトラベラーズチェックを使われていました。発行手数料はかかるものの、日本円から直接現地通貨に換えるよりも、為替手数料がかからないとといった理由からです。

 金融ビッグバンといわれる1990年代後半から、安い為替手数料で両替ができる方法が増えてきましたので、今回は違った方法を試してみました。

両替方法による香港ドルのレートの違い

両替場所(円→香港ドル) 1万円を両替すると 1香港ドルは?
 香港国際空港内の両替所   684  香港ドル 14.62円
 HSBC店頭   707.3香港ドル 14.13円
 ※東京三菱銀行(外貨預金用)   696.3香港ドル 14.36円
※東京三菱銀行店頭現金   610.9香港ドル 16.37円

10/24の1香港ドル=13.93円(仲値・・・外貨に替える際の基準)

HSBC・・・香港上海銀行。現地では匯豐銀行ともいわれます。

上手な両替のヒント

  今回の場合、最もよい条件だったのはHSBCの支店店頭で両替した場合でした。銀行として政策的に香港ドルへの為替手数料を安くしているように見受けました。土曜日・日曜日は休業日か、営業時間が短くなっている金融機関が多いので注意が必要です。(HSBCでは土曜日は13時までの営業でした。)

また、香港国際空港の両替所で両替しても、日本で両替するよりは条件がいいようです。空港から中心地への移動など、少額であれば使えそうです。

なお、クレジットカードでは、カード会社が定める為替レートに手数料(例:VISAの場合1.63%)が上乗せされます。現金よりも条件がよい場合が少なくないため、大きな買い物では有効と思われます。

とはいうものの、小さな店では現金しか使えないことが少なくないため、ちょっとした食事、タクシーなどでの移動、小さな商店での買い物のためにある程度の現金を用意しておきたいところです。クレジットカードと現金との両方を上手に活用して旅行をしっかりと楽しみたいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の考え方」のコラム

ビットコイン高騰中?(2016/10/31 17:10)

このコラムに類似したコラム

外貨預金VS外貨MMF2 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/07/22 09:00)

外貨預金VS外貨MMF 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/07/21 08:40)

やっぱり、海外分散投資が必要だ!? 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/26 09:36)

ブラジルレアル建て定期預金 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/19 20:00)

手放す勇気 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/20 22:03)