京町家・町屋 側柱の足元の仕舞 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

荒木 勇
株式会社アラキ工務店 代表取締役
京都府
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

京町家・町屋 側柱の足元の仕舞

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
京町家・京町屋・古民家
.

 町家(町屋) 足元の改修




京町家・京町屋の場合、大体100年〜150年たっているためどうしても地盤が低いままになってしまいます。

隣の家とか解体したり、新築したりされると、水はけや水勾配を取りたいためか、地盤面を上げられる場合が多々あります。

そうするとどうしても「隣の家より地盤が低い」ことになり、余り良くありません。

正直町家を解体すると、隣から雨が侵入し、床下が湿気てしまい、腐ったりシロアリが食ったりしてしまっているケースが結構あります。

悲しいです(
_
)

ただ、壁面には荒壁土が大量についているし、屋根もそのままなので、今の側柱を上げて一つ石自体を上げる事は怖くでできません。

町家の場合、側柱で直接大屋根の荷重を受けているからです。
(今の建物なら梁が入っているので、ジャッキで突っ張ってあげる事もできるのですが・・・)

そういう訳で、柱と柱の間の土を鋤とって水止めをつくらなければなりません。


作業しているのは、山下建設の松本さん。

もう70歳なのに、とっても頑張ってくれています。

本当に頭が下がります。


(株)アラキ工務店


 京町家改修  
古材倉庫   
 リフォーム詐欺