受診しない代りに〜コーヒー(1) - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

銀座泰明クリニック 院長
東京都
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受診しない代りに〜コーヒー(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
早期発見・早期治療

前回まではお酒や煙草などの嗜好品を大量に摂取すると肝硬変や肺癌などの身体疾患をもたらす副作用と、更に睡眠薬や精神安定剤の代わりに用いられた時には依存症となる危険性についてお話しました。今回はコーヒーや甘いものといったより身近な飲食物についてご説明いたします。

コーヒーはお酒よりも日常的に摂取されている飲み物です。未成年の方でも飲めますし、朝昼でも職場や学校でも飲めます。しかしお水とは異なり、立派な薬理作用を有しています。すなわち「カフェイン」で、カップ一杯約50〜100mgを含んでいます。カフェインは「覚醒・興奮作用」を持ち、眠気や疲れを飛ばしてくれます。最近では朝から飲んでもらおうと朝用の缶コーヒーがよく売られていますが、その場合は通常の1.5倍量を含んでいるようです。(続く)

銀座泰明クリニック

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
銀座泰明クリニック 院長

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「早期発見・早期治療」のコラム

このコラムに類似したコラム

【聴心記「心の炎」】第13回 魂(1)・・・・身体と心 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/05/25 00:39)

ジョンFケネディに思う 藤永 英治 - 心理カウンセラー(2014/10/31 16:29)

セッションの感想と変化、ありがとうございます!(子育てが苦しい) 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/07/14 11:16)

(2)心×音楽 平澤 一美 - メンタルコーチ(2014/03/24 13:21)

「健康の定義」と「幸せ」 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2013/10/03 11:45)