電車の中で困っているお母さんをみて~幼児の教育~ - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電車の中で困っているお母さんをみて~幼児の教育~

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさま、こんばんは。

お元気ですか?


今日、わたしは電車の中で、小さなお子様が泣き止まず、困っているお母さんに遭遇しました。

激しく泣き叫び、ほとほと困っておりました。

ふと、以前受けたことがある子育て講習会の内容を思い出しました。

印象に残った部分だけになってしまいますが、、、、、軽くまとめてみたいとおもいます。


イタリア初の教育法「モンテッソーリ教育」は、子供の心のうちにあるものを発見する教育法。

2歳は秩序の敏感期なので、畳の線をまっすぐあるいたり、秩序にこだわる!

その後、運動の敏感期、言語の敏感期と続いていく。

子供には自分で自分を育てていく力があるという考え方。

→ご興味ある方は文献などでお読みください。

他にもシュタイナー教育、乳幼児期に自然体験をする冒険教育などもありました。


<子供のイヤイヤ期>

子供がはじめて自分を感じるようになる時期。気分を変えてあげることが大事。

ひといきついたときに、子供の感情を受け取ってあげる。

●キーキー泣いてしまうお子様には、糖分を少なくしてみる。



お母さんはえらいです!やることがいっぱいありますが、

それでも、ときには深呼吸するなどして、自分自身の心身のメンテナンスをお願いします!






カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

最もプレッシャーを感じる状況とは? 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/30 08:00)

ゴールとスタート 三浦 香織 - ヨガインストラクター(2012/09/28 23:33)