TOEFLは塾で詰込対策出来るテストと思っている方 - 残念ですが、違います。 - TOEFL(R)テスト対策 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

TOEFLは塾で詰込対策出来るテストと思っている方 - 残念ですが、違います。

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. TOEFL(R)テスト対策
英語学習方法

大学入試にTOEFLを導入することを、未だに躊躇しているいわゆる「有識者会議」の「有識者」のコメントが日本経済新聞に載っていました。

 

完全に間違った思い込みをしていることに

”Hey, ma~~~~n. You are wrong, Dude.”

と、呆れ果て、一言書きたくなりました。

 

TOEFL とは:

The TOEFL iBT test measures your ability to use and understand English at the university level. And it evaluates how well you combine your listening, reading, speaking and writing skills to perform academic tasks.

 

大学レベルの英語を理解出来る能力をはかるテスト。

「聞く・読む・話す・書く」全分野を合わせ、大学の内容を英語で運用出来る能力を評価するテスト。

 

です。

 

正に、大学入試にはぴったりのテストです。

このような英語能力を身につけた学生のみが、大学進学を認められ、高度な内容を母国語のみならず、英語でも運用し探究する場所。

それが大学であるべきですね。

 

つまり、大学入学に至るまでの教育は、このレベルの英語能力をつけるためにあるべき。

これも非常に明確なメッセージです。

 

そして、一番大切なTOEFLの目的は:テストする。 つまり今までに蓄積してきた能力をはかるのが目的。

 

こんな簡単なことも理解出来ない「有識者会議」の「有識者」が、TOEFL導入にこんな反対意見を述べています。

 

「TOEFL試験対策を指導する学習塾などは地方には少ないので、地域の格差が生まれる。」

Oh my goodness!


この意見の中の「思い込み」Assumption とは:


思い込み1)大学入試には塾での対策が必須

 

そんなお粗末な高校までの教育に誰がした?!と思わず聞きたくなりますね。

日本の教育を決める人たちが、まず「日本の学校教育は役に立たないので、大学進学希望者は塾に行くことが必須です。」と認めているようなものですから、えらいことです。

 

思い込み2)テストには対策が必要

 

テストというのは、過去から現在までに学習した結果をはかるもののはずですね。

「テストは、普段の学習ではなく、それ用の詰め込み、しかも塾で特訓を受け、その特訓の成果を試すもの。」という恐ろしい思い込みのまま意見を述べているようです。

 

思い込み3)大学入試改革が、この国にはなぜ必要なのかを完全に忘れてしまった「有識者」。

 

塾などで行われているような、大学入試対策と呼ばれる、単に暗記詰め込み特訓が横行し、本来備わるべき基本的能力が高校までに蓄積されていないこと。

これを是正するための改革が大学入試改革ではなかったのかな?

 

折角TOEFLを導入しても、また「塾での試験対策」の話ですか。。。

ホラーストーリーのように怖い話です。

 

 

30年ほど、日本の高校生にTOEFLが理解出来る英語論理を教えてきました。

卒業する頃には、昔のPBT(Paper-based TOEFL)で580以上、現在のiBTで80以上を取れる高校生をずいぶん育てて来ました。

 

TOEFLが導入される大学入試では、うちの生徒たちがはるかに有利な位置にいることにも、思わずニヤッとしてしまいます。

 

どう教えているかって?

小学生が英語を学び始める最初から、クリティカルシンキングのWHYを英語で考えることに徹底します。

 

TOEFLの問題に出会うのはやっと高校1年生レベルになってから。

それも、問題集をどんどんやってなんて、意味のないことはしません。

 

個々の生徒がTOEFLの試す深い英語理解レベルに近づけるよう、脳の改造を手伝うだけです。

生徒が蓄積した能力も様々です。

脳は個々で学習の仕方が異なりますから。

その多様な学び方を生かしながら、英語の思考法へのリードしていきます。

それが私のTOEFL指導法です。 

 

 

「大学入試にTOEFL!」という報道が始まって以来、「TOEFL対策をしたい」という問い合わせが、地元だけでなく全国からもちょこちょこ舞い込みます。

「またか。。。」思ってしまいます。

 

まずこう答えます。

「TOEFLは対策するテストではないですよ。 まずはクリティカルシンキングの基本を英語で理解する練習をしましょう。」

 

10人のうち9人は「。。。」と消えて行きます。

おそらく心の中で「(なんだすぐに点数が取れるよう対策してくれないんだったら意味がない)」とぼやいていたかも知れませんね。


英語とは、詰め込み対策で理解出来るものではなく、根本的に異なる思考法を理解するところから始まり、終わる。

その過程で成果を試すのがTOEFLテスト。



Good Luck, Guys.

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 カナダの小・中・高校の教育課程を基にした指導をしています。
クリティカルシンキングの基本が出来た生徒は「カナダの小さな町での留学・ボランティア」で自分本来の能力を発揮中です。
Super World Club(大澤眞知子、Robert McMillan)  

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「英語学習方法」のコラム

小・中学生にTOEIC(2014/07/25 20:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
16,200円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading

このコラムに類似したコラム

やってはいけない英語勉強法ランキング 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/04/11 13:30)

日本の高校生にクリティカルシンキング- Week Two 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/05/23 18:48)

MIT の Entrepreneurship コースを日本の高校生に 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/12/23 21:03)

「英会話」「語学留学」ごっこはそろそろ止めにしませんか 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/10/28 16:58)