善く戦う者は不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わざるなり【孫子の兵法】 - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

善く戦う者は不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わざるなり【孫子の兵法】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
マネジメント・リーダーシップ リーダーの心得


最近「孫子の兵法」はやってますよね。

最近でもなく、昔から経営にも効く古典として、多くの経営者の方が参考にしている書籍ですが…。


私は書店で見る機会が増えたので、つい手にとって買ってしまい、読んでみたところすっかりはまってしまいました。

本日の表題は、私が非常に感銘を受けた一節です。


ちなみに私が読んだ本は「最高の戦略教科書 孫子」です。

本日は孫子を読んで考えたことを紹介させてください。 


不敗の態勢の構築から入る

表題の意味ですが、以下のようになります。

「戦上手は、自軍を絶対不敗の態勢におき、しかも敵の隙は逃さずとらえるのだ」

となります。


不敗とは「負けていない状態のこと」です。

では「不敗」とは具体的にはどういう状態か?


私はチームを預からせていただいているので、そこに転用して考えてみます。

チームにとっての不敗は何か?

この定義は難しいですね。

ポイントはまずは「不敗」の状態をどこに置くかです。


負けていないという状態をどんな状態とおくかがリーダーの腕の見せどころであり、そこには唯一の答えはないと思います。

そう考えると、私の「不敗」の状態は、「チームメンバーの仕事がいつもある状態」となります。

皆さんの「不敗」の状態はどんな状態でしょうか?


試行錯誤がよしとされる時代です。

失敗も悪くない、成功につながるならという時代です。


しかし、致命的になる「絶対的な失敗」はいけません。

その致命傷が何か、そして致命傷を負わないためにはどうするか?

それが不敗の態勢を築くということです。


不敗の状況をどう置くかが、チャンスを逃さないためのポイント

そうして築いた不敗の態勢を維持するのは何故か?

それはチャンスを逃さないための、安定した態勢を作っておく必要があるからです。


ここで先ほど上げた「負けていないという状態をどんな状態とおくか」が非常に重要だと思います。

例えば、「常に100%の売上をやり続けていること」を「リーダが思う不敗の状態」と置いておくとどうでしょうか?


リーダーはそれをやるために常に緊張し、余裕のない状況におかれそうではないですか?

余裕のない状態では、チャンスが訪れても、それをつかみに行くパワーは残されていそうでしょうか?

残されていないと考えるのが自然ではないですか。


つまり「不敗」の状態とはリーダーがチャンスを逃さず、耐えるための、心理的・物理的な余力を取っておくことでもあります。

ちなみに「不敗」の状態は、チームを率いる場合には必ずしもメンバー全員に周知しなくても良いことだと思います。


先ほどの私の例で行くと、「チームメンバーの仕事がいつもある状態」ににあります。

これが目標だとミスリードになってしまうとメンバーのモチベーションも上がらないですしね…。


「不敗」の状態とは、リーダーにとっての最低限のラインということで、心においておくそういったものになりますね。

「善く戦う者は不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わざるなり」

座右の銘になりそうです。


今なら無料で相談が受けられます!

<無料サービス>

メールを利用しての無料コーチングサービスを提供しております。

※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】メールコーチングサービス

<その他のコラム>

悩み相談

マネジメント・リーダーシップ

コーチングとは何だろう


このコラムに類似したコラム

成功するリーダーの心得 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/30 10:40)

人間の思考(人は60,000回/日考える) 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/20 19:00)

独裁と独断 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/18 19:00)

できるから任せるのか?任せるからできるのか? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/10 19:00)

李下の冠を正さず 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/10/27 19:00)