李下の冠を正さず - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

李下の冠を正さず

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
マネジメント・リーダーシップ リーダーの心得

これリーダーの大切な心得ですね。

この言葉聞いたことありますか?

人から「怪しい」と思われる行動は取らないこと ということを戒める故事です。

要するに「疑わしいことはするんじゃない」ということですね。


意味はこちらも詳しいので、ぜひご覧ください。

今回はこの「李下の冠を正さず」について話ができたらと思います。


松島氏、小渕氏の閣僚辞任に思う

最近相次いで、というよりも同時に閣僚が辞任しましたね。

両方とも「お金絡み」の疑いがかかりの辞任です。

辞任の背景はこちらをご覧ください。


双方言い分があるようですが(特に松島氏)、我々からすると「疑わしいことをするんじゃない!」という一言に尽きるのではないでしょうか?

政治家である以上、また閣僚にまでなる方ですので、何をしてはいけないかという法律もよく知っていたと思います。

特に松島氏は、法を司る法相ですよね。

知らなかったでは済まされないと思いますし、常識で考えれば疑わしいことはしてはいけないですよね。


ではなぜ疑わしいことをしてはいけないのでしょうか?


リーダーの行動は「見られている」

これは我々にも言えると思うのですが、リーダーは常に周りからの目にさらされていることを意識しなくてはいけません。


・上司であれば、メンバーの目

・営業であれば、お客様の目

・メンバーであれば、同僚の目

・家庭であれば、家族の目

・道を歩いていれば、すれ違う人の目


など、常に周りの人の目にさらされて人は生活をしています。

では何故周りの目を気にする必要があるのでしょうか?


それは自分自身の評価は、周りの人が決めるからです。

そして周りの人から評価していただかないと、自分のしたいこと、チャレンジしたいこと、なりたい姿には近づけないと思うからです。


特にリーダーをされている方は、「自分のチームをこうしたい」「メンバーにこうなってほしい」など自分の思う理想があると思います。

それは自分一人で実現できますか?

きっと難しいのではないでしょうか?

人の力を借りる必要がありますよね?


そう考えると自分自身を「信用してもらう」「信頼していただく」は絶対です。

リーダーである方はより一層「李下の冠を正さず」これは肝に銘じなくてはいけないのです。


冒頭の事件によって、自分自身の良い振り返りにもなりました。

皆さんもぜひ振り返ってみてください。


今なら無料で相談が受けられます!

<無料サービス>

メールを利用しての無料コーチングサービスを提供しております。

※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】メールコーチングサービス

<その他のコラム>

悩み相談

マネジメント・リーダーシップ

コーチングとは何だろう

このコラムに類似したコラム

人間の思考(人は60,000回/日考える) 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/20 19:00)

独裁と独断 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/18 19:00)

アレックス・ファーガソン【コーチ列伝】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/09/26 19:00)

荀彧【コーチ列伝】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/28 19:20)

2014年上半期読書ベスト5 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/17 07:44)